【必見!】オーストラリア・シドニーのおすすめ観光スポット15選!

オーストラリア最大の都市シドニーは、イギリスのような街並みと高層ビル群が建ち並ぶ都会的な雰囲気が織りなす、世界屈指の観光都市。

景観が美しい港町として栄えているシドニーには、ぜひ訪れてほしい観光スポットがもりだくさん!

そこで今回は、オーストラリア・シドニーのおすすめ観光スポット15選を紹介します。

季節や改定、諸事情などにより、画像と現在の外観・営業時間・定休日・価格などが今記事と異なる場合があります。ご訪問時は事前に施設および公式ウェブサイト等で最新情報をご確認ください。
スポンサーリンク

オーストラリア・シドニーのおすすめ観光スポット15選

シドニーに限らずオーストラリアの各都市で、動物園や水族館など自然や野生動物にちなんだものが人気の観光スポットに挙げられます。

シドニーにはオーストラリアでもっとも有名な動物園の「タロンガ動物園」がありますが、今回の記事ではタロンガ動物園のほか、「シーライフ・シドニー水族館」「シドニー・タワーアイ」「ワイルドライフ・シドニー動物園」「マダムタッソー・シドニー」については掲載していません。

これらの観光スポットおよびシドニーの市内交通とおすすめグルメにつきましては、下記の別記事にて紹介していますので、併せてご参照くださいませ。

旅人だっち
旅人だっち
ボリュームが多いので、別記事に分けて紹介しています!

それでは本題に入ります。

シドニー・オペラハウス

世界文化遺産にも登録されている、いわずと知れたシドニーのシンボル「シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)」。

シドニー・オペラハウスには、コンサートホールやオペラシアター、劇場、レストランやバーなどがあり、毎日のようにオペラ、コンサート、ミュージカルなどのイベントが行われています。

館内見学ツアーもあるので、ぜひ参加してみましょう。

シドニー・オペラハウス Information
住所:Bennelong Point, Sydney NSW 2000, Australia
公式サイト:https://www.sydneyoperahouse.com/

シドニー・ハーバーブリッジ

オペラハウスと共に、シドニーのもうひとつの象徴ともいえる「シドニー・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)」。

シドニー湾をまたがるアーチ状の鉄橋は、市内中心部の南岸と北岸に架かるシドニーの大動脈で、交通の要衝となっています。

アーチを歩いて登る「ブリッジクライム(BridgeClimb)」。シドニーの景色を360°の大パノラマで楽しめる、大人気のアトラクションツアーです

シドニー・ハーバーブリッジ Information
住所:Sydney Hbr Brg, Sydney NSW, Australia
公式サイト(ブリッジクライム):https://www.bridgeclimb.com/?code=cad

ザ・ロックス

サーキュラー・キー(Circular Quay)の西側、ハーバーブリッジが架かる部分にあるエリア「ザ・ロックス(The Rocks:通称ロックス)」。

シドニー誕生の地といわれるロックスは、石畳の道とレンガ造りの歴史的建物が建ち並び、古い街並みが広がる人気の観光スポットです。

街中に多くのカフェやレストランがあり、週末にはマーケットが開催されています。

ロックスにはシドニー最古のパブ「ロード・ネルソン・ブリュワリー・ホテル(The Lord Nelson Brewery Hotel)」があるので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

ザ・ロックス Information
公式サイト:https://www.therocks.com/

シドニー現代美術館

オーストラリアを代表する現代美術館である「シドニー現代美術館(Museum of Contemporary Art Australia:通称MCA)」。

シドニー現代美術館では、オーストラリアの先住民であるアボリジニおよびトレス海峡諸島民の歴史や文化に関する展示や、世界中から集められた現代アートの作品が展示されています。

4階にあるカフェから見る眺望は美しいのでおすすめ。くわしくは別記事「【超ガチ厳選!】シドニーのおすすめグルメ・レストラン・カフェ11選!」をご参照くださいませ。

シドニー現代美術館 Information
住所:Tallawoladah, Gadigal Country 140 George Street, The Rocks, Sydney NSW 2000, Australia
開館時間:10:00〜17:00
休館日:火曜
公式サイト:https://www.mca.com.au/

ロイヤル・ボタニック・ガーデン&ドメイン

市内の東側一帯にに広大な敷地を誇る「ロイヤル・ボタニック・ガーデン(Royal Botanic Garden Sydney)」。

敷地内にはオーストラリアをはじめ、世界中から集められた多種多彩な植物が植えられています。

敷地から突き出た岬「ミセス・マッコーリーズ・ポイント(Mrs. Macquarie’s Point)」から見るオペラハウスとハーバーブリッジ。シドニーのビル群も一望でき、すばらしい景色が堪能できる人気のスポットです

岩を削って造られたベンチ「ミセス・マッコーリーの椅子(Mrs Macquarie’s Chair)」。港を一望できる場所にあります

ロイヤル・ボタニック・ガーデン Information
住所:Mrs Macquaries Road, Sydney NSW 2000, Australia
営業時間:7:00〜日没
公式サイト:https://www.botanicgardens.org.au/

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館

ロイヤル・ボタニカル・ガーデンの園内にあり、1871年に建てられた建造物を利用した「ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(Art Gallery of New South Wales)」。

オーストラリアのほか世界中から集められた、中世から現代までの幅広い美術作品が展示されています。

クロード・モネ、ピカソ、モディリアーニ、アンリ・マティスなど、錚々たる顔ぶれの作品が見られるのが魅力的なポイントです。

美術館の近くにあるシドニー病院の前に立つイボイノシシの銅像。鼻をさすりながら願いを込めると叶うといわれています

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館 Information
住所:Art Gallery Road, The Domain, Sydney NSW 2000, Australia
営業時間:10:00〜17:00(水曜のみ〜22:00)
休館日:グッドフライデー、クリスマス
公式サイト:https://www.artgallery.nsw.gov.au/

ハイド・パーク

1810年に造られた都市公園「ハイド・パーク(Hyde Park)」は広大な敷地を持ち、人々の憩いの場となっています。

アーチボルト噴水(Archibald Fountain)」や「アンザック戦争記念碑(Anzac War Memorial)」がおもな見どころ。

公園から見えるセントメリーズ大聖堂やシドニー・タワーアイの景色もすばらしいです。

第一次世界大戦で亡くなった兵士を祀る「アンザック戦争記念碑」。規模の大きさに驚きです

セントメリーズ大聖堂

地元の砂岩を使って建設されたゴシック様式の教会「セントメリーズ大聖堂(St Mary’s Cathedral)」。

オーストラリアのカトリック教徒にとっては総本山ともいえるセントメリーズ大聖堂は、聖堂内部の見学は自由なので多くの人々が訪れています。

ハイド・パークのそばにあるので、公園を散策がてらに立ち寄るのもよいです。

内部の荘厳な雰囲気とステンドグラスの美しさは目を見張ります

セントメリーズ大聖堂 Information
住所:St Marys Road, Sydney NSW 2000, Australia
開館時間:6:30〜18:30(土・日曜は〜19:00)
入場料:無料(寄付歓迎)
公式サイト:https://stmaryscathedral.org.au/

オーストラリア博物館

1827年に設立された、オーストラリア初の公立博物館である「オーストラリア博物館(Australian Museum)」。

オーストラリアに関する美術品や工芸品、歴史や自然に関するものも展示されており、2100万点を超える科学標本や文化財を所蔵しています。

オーストラリア博物館 Information
住所:1 William Street, Sydney NSW 2010, Australia
開館時間:月〜水曜9:00〜21:00、木〜日曜9:00〜17:00
休館日:クリスマス
入館料:無料(特別展は有料)
公式サイト:https://australian.museum/

ザ・ストランド・アーケード

1891年に設立された「ザ・ストランド・アーケード(The Strand Arcade)」は、現在もオリジナルの形で残っている唯一のビクトリア朝のショッピング・アーケードです。

市内中心部に位置しており、いくつもの店が軒を連ねています。

アーケード内のカフェで、地元の人々がくつろいでいる姿をよく目にします。

アーケードの中は美しい装飾で彩られています。歩いて見て回るだけでも楽しい

ザ・ストランド・アーケード Information
住所:412-414 George St, Sydney NSW 2000, Australia
営業時間:月〜水・金曜9:00〜17:30、木曜9:00〜21:00、土曜9:00〜16:00、日曜11:00〜16:00
公式サイト:https://www.strandarcade.com.au/

クイーン・ビクトリア・ビルディング

1898年に建てられた建造物を改修して造られた「クイーン・ビクトリア・ビルディング(Queen Victoria Building)」。

ロマネスク様式の建物の内部は豪華絢爛な内装で、北側と南側の建物の天井に吊り下がっている大きな時計が見どころのひとつ。

建物内には高級ブランドからカジュアルまで、さまざまな店が軒を連ねています。

北側にあるグレート・オーストラリアン・クロック(Great Australian Clock)は、世界最大の吊り時計。ちなみに南側にあるのがロイヤル・クロックです

クイーン・ビクトリア・ビルディング Information
住所:455 George St, Sydney NSW 2000, Australia
営業時間:月〜土曜9:00〜18:00(木曜は〜21:00)、日曜11:00〜17:00
公式サイト:https://www.qvb.com.au/

シドニー・タウン・ホール

時計塔がトレードマークの「シドニー・タウン・ホール(Sydney Town Hall:シドニー市役所)」。

19世紀後半に建てられたビクトリア様式の建物で、内部は豪華な装飾が施されています(2024年3月時点では内部見学は行われていません。公式サイト参照)。

シドニー・タウン・ホール Information
住所:483 George Street, Sydney NSW 2000, Australia
公式サイト:https://www.cityofsydney.nsw.gov.au/landmarks/sydney-town-hall

セントアンドリュース大聖堂

タウン・ホールのそばに建つゴシック・リバイバル様式の「セントアンドリュース大聖堂(St. Andrew’s Cathedral)」。

1819年に着工し、1868年に現在の形に完成。内部にある美しいパイプオルガンとステンドグラスは必見です。

荘厳な雰囲気の教会内部。大都市シドニーの中心部にあるにもかかわらず、静寂に包まれていました

セントアンドリュース大聖堂 Information
住所:Cnr of George and, Bathurst St, Sydney NSW 2000, Australia
開館時間:月・水曜10:00〜15:00、火・木・金曜10:00〜16:00
公式サイト:https://sydneycathedral.com/

シドニー・チャイナタウンとマーケットシティ

中国系のレストランや店舗が建ち並ぶ「シドニー・チャイナタウン(Sydney China Town)」はシドニー・セントラル駅とダーリング・ハーバーの中間に位置し、そのそばには大型のショッピングセンター「マーケット・シティ(Market City)」があります。

マーケット・シティ内では、水〜日曜の10時から午後6時まで「パディーズ・ヘイマーケット(Paddy’s Haymarket)」という市場が開催され、野菜や果物などの生鮮食品から衣類、雑貨などが販売されています。

お土産も土産物店や免税店で購入するよりも割安で入手できます。

チャイナタウンのそばにあるマーケット・シティ

マーケット・シティ Information
住所:9-13 Hay Street, Haymarket NSW 2000 Australia
営業時間:10:00〜19:00(木曜は〜20:00)
公式サイト:https://www.marketcity.com.au/

ミューシーウム(オーストラリア国立海洋博物館)

博物館のミュージアム(Museum)と海のシー(Sea)をかけあわせた名前の「ミューシーウム【MUSEAUM】(オーストラリア国立海洋博物館:Australian National Maritime Museum)」。

航海に使われた道具や海図、資料、実際の船のレプリカなど、海に関連する歴史や資料が展示されています。

展示もさることながら、ミュージアム・ショップも充実しています

ミューシーウム(オーストラリア国立海洋博物館) Information
住所:2 Murray Street, Darling Harbour, Sydney NSW 2000, Australia
開館時間:10:00〜16:00、州の学校休暇とワンダーウォーター(おおむね12月下旬から2月初旬まで)は9:30〜17:00
休館日:クリスマス
入館料:大人AUD25
公式サイト:https://www.sea.museum/
スポンサーリンク

世界自然遺産の国立公園と夏のボンダイ・ビーチにも行ってみましょう

今回の記事ではシドニー市内中心部のおすすめ観光スポットを紹介しましたが、公共交通機関を利用したりツアーに参加したりして、もう少し遠くへ足を運んでみましょう。

中心部から市バスを利用すれば、シドニーの夏を代表する人気のスポット「ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)」へも行けます。

そして、シドニーから西へ70kmほどのところには、世界自然遺産に登録されている「ブルー・マウンテンズ(Blue Mountains)」があります。

ブルー・マウンテンズへは宿泊するなら電車やレンタカー利用で行くことも可能ですが、日帰りで充分という方はツアーの参加が断然便利です。

この記事をご覧になった方が、大都市と自然が見事に調和したシドニーの観光を、存分に楽しんでいただけたらうれしく存じます。

以上、オーストラリア・シドニーのおすすめ観光スポット15選を紹介しました。

ご参考にしていただけましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました