【即買い必至!】ニュージーランドのおすすめお土産とファッションブランドをご紹介

ニュージーランドに旅行した際、どんなお土産があるのか? バラマキ用のお土産でおすすめは?

ニュージーランドのファッションブランドって、どんなものがあるのか?

そう思っている方がいらっしゃるかと存じます。

そこで今回はニュージーランドに旅行した際のおすすめお土産とファッションブランドをご紹介します。

この記事では、お土産は食料品、ファッションブランドはアウトドアブランドとファストファッションブランドをさします。ウール製品や雑貨、民芸品などや高級ファッションブランドは含まれてませんのでご了承くださいませ。
【海外のおみやげ通販サイト】
JTBショッピング
スポンサーリンク

ニュージーランドのおすすめお土産・食料品編

クッキー・タイムのクッキー

もはやニュージーランドの国民食といっても過言ではない「クッキー・タイム」のクッキー。

直営店で販売されているかわいいパッケージに入ったクッキーは、お土産にぴったり。

バラマキ用にしたり、プレゼントとして渡したら喜ばれること間違いなしでしょう。

ちなみに東京都の原宿にもクッキー・タイムの店舗があるので、機会があったらぜひ訪れてみてくださいね!

チョコレート

日本でも外国でも代表的な定番お土産のひとつ、それはチョコートです。

ニュージーランドでも例外ではありません。

ニュージーランドには「ウィッタカーズ(Whittaker’s)」と「キャドバリー(Cadbury)」という、2大チョコレートブランドがあります。

写真のはウィッタカーズのチョコレート。さまざまなフレーバーがあり、板チョコやバータイプ、ひと口サイズの個包装チョコまで多種多彩です。

インスタントコーヒー

独自のコーヒー文化が根付いているニュージーランド。

インスタントコーヒーの種類が豊富なので、お土産におすすめです。

ちなみに写真のは、オタゴ地方の中心都市・ダニーデンのコーヒーメーカーである「Gregg’s」のインスタントコーヒーです。

アイオリ・ソース

アイオリ・ソース(Aioli Sauce)」とは、端的にいえばニンニク入りのマヨネーズのこと。

マヨネーズだからサラダに合うといいたいけれど、つけるのにおすすめしたい料理は「鶏の唐揚げ」と「白身魚のフライ」です。

アイオリ・ソースは鶏の唐揚げや白身魚のフライとの相性が抜群で、つけると料理の味が格段においしくなるという魔法のソースといえます。

1つしか買いませんでしたが、もう1つ買っておけばよかったと、今ではちょっぴり後悔しています。

マヌカハニー

おそらくニュージーランドのお土産で1番人気であろう、ニュージーランドのはちみつ「マヌカハニー」。

味は濃厚で独特の風味があり、はちみつを通り越して、もはや薬を飲んでいるみたいな感覚です。

好みが分かれるかもしれませんが、ニュージーランドに訪れた際に、マヌカハニーはマストバイのアイテムといえます。

個人的な感想は、単純な表現ですが超おいしかったです。

もう1個買っておけばよかった……。

スポンサーリンク

ニュージーランドのお土産はどこで買えばいいの?

ニュージーランドのお土産として、食料品を買いたい場合はどこで買えばよいのか?

答えは「スーパーマーケット」一択です。

空港でも買うことができますが、割高なのであまりおすすめできません。空港で買う場合、時間がない時や外貨を使い切りたい時に利用してみてはいかがでしょう。

ニュージーランドには「カウントダウン(Countdown)」「ニュー・ワールド(New World)」「フォー・スクエア(Four Square)」などのスーパーマーケットがあります。

ニュージーランドの主要都市・町なら、いずれかはあると存じますので、お土産探しにスーパーマーケットに買い物に行ってみてはいかがでしょう。

先ほど紹介したウィッタカーズなど、たくさんのチョコレートがずらりと並んでいます

海外でのスーパーマーケットめぐりは、アミューズメントパークに行くのと同等の楽しさがあります(個人的な感想)。

スーパーマーケットの中を歩き回っているだけでも、その国の人々の生活が垣間見えるので楽しいですよ。

ダニーデン中心部にあるカウントダウン。場所はこちらです

クライストチャーチにあるカウントダウン。ちなみにこの周辺には素敵なカフェがいくつかあります。スーパーマーケットの場所はこちらです

クイーンズタウン空港近くのニュー・ワールド。空港から徒歩15分くらいかかりますが、何か買いたくなったら立ち寄ってみてもよいでしょう。場所はこちらです

レイク・テカポにもあるスーパーマーケット「フォー・スクエア」。カウントダウンやニュー・ワールドに比べて、多少こぢんまりとしていますが品揃えは充分です。写真の店はクイーンズタウンにあります

スポンサーリンク

ニュージーランドのおすすめファッションブランド

マックパック

ニュージーランドの2大アウトドアブランドのひとつである「マックパック(macpac)」。

耐久性と耐候性に優れた素材「AzTec®」を独自開発しており、多くのパックに使用されています。

実用性と丈夫さもさることながら、シンプルで飽きのこないデザインが魅力です。

マックパックは日本でも入手可能で、実店舗オンラインストアのほか、Amazon楽天市場でもお買い求めできます。

カトマンドゥ

ニュージーランドのアウトドアブランドにおいて、マックパックと共に二大巨頭の双璧を担う「カトマンドゥ(Katmandu)」。

アウトドアでの使用はもちろんのこと、タウンユースでも使えるほどおしゃれなアイテムも数多くあります。

残念ながら2023年8月時点では、日本には実店舗がありません。

ニュージーランドに訪れた時、アウトドアブランドに興味がある方はぜひカトマンドゥの店舗に立ち寄ってみてくださいね。

ハレンスタイン・ブラザーズ

ニュージーランドのメンズ・ファストファッションブランド「ハレンスタイン・ブラザーズ(Hallenstein Brothers)」。上の写真の店舗はクイーンズタウンの中心部にある店舗です。

カジュアルな洋服からドレッシーなスーツまで、さまざまな種類の衣料品があり、比較的リーズナブルな価格でお買い求めできます。

ちなみに私はサングラスとシャツ(長袖・半袖各1着ずつ)を購入しました。

グラッソンズ

ニュージーランドで人気のレディース・ファストファッションブランドといえば「グラッソンズ(Glassons)」。上の写真の店舗はクイーンズタウンの中心部にある店舗です。

ちなみに先に紹介したハレンスタイン・ブラザーズと合併されて、「Hallensteins Glassons」という名前の会社のようです。

ニュージーランドでは10〜30代に人気のブランドで、かわいいというよりむしろきれいめカジュアル。店舗や公式サイトで見た限りだと、攻めに入ったデザインの衣服が多い印象でした(個人的な感想ですが)。

クライストチャーチ中心部にあるハレンスタイン・ブラザーズとグラッソンズの店舗。場所はこちらです

オーガスティン

色鮮やかな花柄のデザインが目を引く「オーガスティン(Augustine)」。

カジュアルな普段着からパーティー用のドレスまで、さまざまな衣料品を取り揃えています。

レディース・ファッションに疎くてまったく興味がない私(40代・男)ですが、この店の前を通った時に店舗内を見て、「うわぁ、かわいい!」って思ってしまいました。

オーガスティンの洋服を、彼女や妻に着てもらいたいなという願望が思いがけず芽生えてしまいました。いないけどね(泣)。

ちなみに上の写真はクライストチャーチにある店舗で、場所はこちらです。

コットン・オン

コットン・オン(Cotton On)」はニュージーランドではなく、オーストラリア発のファストファッションブランドですが、こちらもおすすめしたいファッションブランドのひとつです。

日本でもおなじみのファストファッションブランド「H&M」となんとなく似ているので、H&Mをイメージしてもらえればいいかと存じます。

カジュアルなデザインの洋服が多い印象で、10〜20代の若者向けのブランドといえます。

ちなみに上の写真はダニーデンの店舗で、場所はこちらです。

クイーンズタウン中心部にあるコットン・オンの店舗。じつのところ、クイーンズタウンにあるハレンスタイン・ブラザーズ、グラッソンズ、コットン・オンの店舗は、いずれも市内中止部のビーチ・ストリート(Beach Street)沿いにあり、お互い目と鼻の先に位置しています

ニュージーランドでの買い物はきっと楽しい思い出に

ショップやスーパーマーケットに行って、お土産や洋服を購入するのも旅行の楽しみのひとつといえます。

値札を見てびっくりするような商品は、ニュージーランドではそれほど多くないかと見受けられます。

値段をあまり気にすることなく、ニュージーランドでショッピングを楽しんでみましょう。

以上、【即買い必至!】ニュージーランドのおすすめお土産とファッションブランドを紹介しました。

ご参考にしていただけたのであれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました