【必見】モンゴルのおすすめお土産を紹介。即買い必至!

地平線まで広がる草原に遊牧民が馬に乗って疾走しているイメージが思い浮かぶ国・モンゴル。
モンゴルにはどんな名産があるか、お土産があるか、ご存じの方はあまり多くはいないかと存じます。
そこで今回は、まずはおすすめのお土産、その次にどこの店でお土産を購入できるかの2本立てで、モンゴルで旅行した際に買っておきたいおすすめのお土産を紹介します。

【ウランバートルのおもな宿泊予約サイト一覧】
ブッキング・コム【Booking.com】
エクスペディア【Expedia】
トリップドットコム【Trip.com】

【格安海外航空券のおもな予約サイト】
早割はこちら!【エアトリ】
格安航空券のサプライス【Surprice】

【モンゴルの現地発オプショナルツアーのおすすめ予約サイト】
現地発オプショナルツアー予約 ベルトラ【VELTRA】icon

【モンゴルのおもなツアー予約サイト一覧】
【HIS】エイチ・アイ・エス
クラブツーリズム
スポンサーリンク

モンゴルのおすすめお土産5選

ゴールデン・ゴビのチョコレート

ばらまきお土産として典型的かつ最適であるチョコレート。

モンゴルも例に漏れず、モンゴルには「ゴールデン・ゴビ」というチョコレートブランドがあります。

板チョコやゲルの形をしたユニークなパッケージのチョコレートなど、いろいろな種類のチョコレートを取り揃えています。

上の写真は自分用とばら撒き用で購入したチョコレートですが、これだけ買ってもトータルで約2000円でした(1トゥグルク=0.045円で計算)。

味も香りもクオリティが高いので、ばら撒き用やプレゼントとして喜ばれること間違いないでしょう。

ラモールのスキンケア・グッズ

モンゴルのオーガニック素材を用いた製品が特長の、スキンケアブランド「ラモール(ラムーア)」。

品質のよいハンドメイドの石けんやオイルなどを取り揃えており、お土産用として最適です。

上の写真は左がスキンケア用のボディ・バター、右が虫刺されやかゆみの際に使う軟膏です。

シャワーや入浴後にマッサージするように塗るボディ・バター。保湿効果があり、肌の乾燥を防ぐのにもってこいです

Healing Salve(軟膏)。患部に塗ってもヒリヒリするわけでも染みるわけでもないけど、薬草のようないい香りがしました

ゴー・ブランドのスキンケア・グッズ

ラモールと同様に、オーガニックのスキンケアグッズを取り揃えている「ゴー・ブランド」。

カラフルでかわいいパッケージの商品が多く、女性に人気のスキンケアブランドです。

ちなみに上の写真はメンズ用のフェイシャル・セラム(美容液)。成分が馬油なのもモンゴルらしい。

パッケージの説明文はすべてモンゴル語なので、まったくわかりませんでしたが、このフェイシャル・セラムは無色の液体で、顔に塗るとかすかにスースーして気持ちがよかったです。

フェルト製品などの民芸品

個人的にはまったく興味がないので購入しませんでしたが、モンゴルの代表的なお土産のひとつとして、フェルト製品などの民芸品が挙げられます。

フェルトのスリッパやシューズは足元の冷えから守ってくれますし、そのほかにもペンケースやバッグなどの製品もあり多種多彩です。

のちほど紹介しますが、フェルト製品が購入できるおもな店は「マリー&マーサ」や、モンゴルのファッションブランド「HUSUG(フスグ)」などです。

ちなみに上の写真はマリー&マーサで購入したブレスレット。このような手工芸品や民芸品もお土産として購入してもよいでしょう。

カシミヤ製品

こちらもモンゴルのお土産として定番のカシミヤ製品。

日本ではなかなかお目にかかることのない、ハイクオリティのカシミヤ製品を購入することができます。

モンゴルのお土産としてはカシミヤだけでなく、ウール製品もおすすめ。

上の写真はウランバートル国際空港内のカシミヤ製品を販売している店です。

スポンサーリンク

モンゴルのお土産はどこで買えばいい?

続きましては、モンゴルのお土産をどこで購入できるかを紹介します。
モンゴルのお土産はたいていはデパート、ショッピングモール、ウランバートル国際空港で入手できますが、そこをさらに深掘りしていきますね。

※営業時間・定休日が変更になっている場合があります。最新の情報は公式サイトなどでご確認くださいませ。

ゴールデン・ゴビ・ショコラティエ

スフバートル広場から平和大通り沿いを西へ、ノミンデパートへ向かって歩いていく途中に位置する「ゴールデン・ゴビ・ショコラティエ」。

さまざまなチョコレートを販売しており、思わず目移りしてどれにするか迷ってしまうくらいです。

ゴールデン・ゴビのチョコレートは立ち寄れるならここで買っていきましょう。

ゴールデン・ゴビ・ショコラティエ Information
住所:Building 5, Mongol nekhmel, Ulaanbaatar, Mongolia
営業時間:月〜土曜:10:00〜19:00、日曜:10:00〜18:00

マリー&マーサ

平和大通りから先に紹介したゴールデン・ゴビ・ショコラティエの角を曲がった先にある「マリー&マーサ」。

モンゴルの手工芸品やフェルト製品などを取り揃えている土産物店で、とくにフェルトのスリッパの種類が豊富です。

商店としては珍しくトイレを借りられるので、困った時は尋ねてみてもよいでしょう。

ちなみに日本語を話せるスタッフもいましたので、親近感がわきました。

隣がおもちゃ屋で、ワンピースのルフィが目印。迷うことなくたどり着けます

マリー&マーサ Information
住所:Chingeltei District, 1-40000, 10-18, Peace Avenue, Ulaanbaatar, Mongolia
営業時間:10:00〜18:00
定休日:無休

ノミン・デパート

平和大通り沿いにあるモンゴル最大のデパート「ノミン・デパート」。

日用品、食料品、衣類、毛皮製品、コスメなどあらゆる物を購入できるので、ウランバートルを訪れたら一度は行ってみてはいかがでしょう。

ノミン・デパートの中、ただ歩いて見て回るだけでも充分楽しめます

ノミン・デパート Information
住所:Chingeltei District, Peace Avenue, District 3, UID JSC building, Ulaanbaatar, Mongolia
営業時間:9:00〜22:00(日曜は〜21:30)
定休日:無休

ギャレリア・ウランバートル

スフバートル広場のそばにある「ギャレリア・ウランバートル」。

店内は撮影禁止なので画像で伝えることができませんが、世界的に有名なカシミヤブランドの「ゴビ」が店内にあり、カシミヤのコートやスーツなどさまざまなカシミヤ製品を取り揃えています。

スーベニアショップでは先に紹介した「ゴールデン・ゴビ」のチョコレートや「ゴー・ブランド」、「ラモール」のスキンケアグッズが販売されているので、モンゴルの定番お土産ひと通り入手できます。時間がない方におすすめ。

ギャレリア・ウランバートル Information
住所:17 Sukhbaatar Square, Baga Toiruu, 8th Khoroo, Sukhbaatar District, Ulaanbaatar, Mongolia
営業時間:10:00〜20:00
定休日:無休

シャングリ・ラ・モール

シャングリ・ラ・ホテルに隣接する高級デパート「シャングリ・ラ・モール」。

国内外の有名ブランドをはじめ、カフェやレストランなどもあり、グルメもショッピングも存分に楽しめるのでおすすめです。

スキンケアブランドの「ラモール」は、シャングリ・ラ・モール内にあります

「ゴー・ブランド」も同様にあります

モンゴルのファッションブランド「HUSUG(フスグ)」。品質のよい製品を取り揃えています

ちなみにHUSUGのフェルト製品がAmazonでも何種類か販売されていますので、どういった製品かをご覧になりたい方はご参照くださいませ。

きれいでおしゃれなモール内。若者がたくさんいて活気にあふれています。wi-fiが無料で利用でき、トイレがきれいなのでひと休みにも最適です

シャングリ・ラ・モール Information
住所:19A-C Olympic street, Sukhbaatar District, Ulaanbaatar, Mongolia
営業時間:10:00〜21:00
定休日:無休

ウランバートル国際空港

旅行先でお土産を買うのに定番中の定番である空港です。モンゴルも例外ではありません。

ウランバートル国際空港は、コンパクトながらもさまざまなショップやレストランがあり、出発時間まで充分に楽しめます。

空港内にあるゴールデン・ゴビ。ここしか立ち寄らなかったので他の店はわかりかねますが、料金がUSドルで表示されていました。おそらく現地通過のトゥグルクは使用できないので注意

先に紹介したモンゴルのファッションブランド「HUSUG(フスグ)」もありました

お土産とは関係ないけど、ラーメン店もありました。「麺屋・芥川」かな?

空港内には、ウランバートル市内に点在しているコンビニエンスストア「CU」があります

空港内のスーパーマーケット。到着した際はここで水などを買ってもよいでしょう

モンゴルの代表的なレストラン「モダン・ノマズ」も空港内にあります

【番外編】そのほかのショッピングモール

発展と建設ラッシュがめざましいモンゴルの首都・ウランバートルでは、これまでに紹介したところだけでなく、ほかにもショッピングモールやデパートなどが点在しています。

立ち寄って買い物をしたわけではないので、くわしく紹介はできませんが、「こんなところがあった」というのだけ紹介します。

モンゴルの国民的な行事である民族の祭典「ナーダム」が行われるナショナル・スポーツスタジアムや、ボグドハーン宮殿博物館の近くにあるショッピングモール「Naadam Center(ナーダム・センター)」。モンゴルの人気レストラン「THE BULL」があり、ほかには「キャンドゥー」や「センチュリー21」といった日本企業もテナントで入っています

ウランバートルの代表的な観光名所「ザイサン・トルゴイ(ザイサンの丘)」のそばにある「Zaisan Hill Complex」。ここからエレベーターでザイサン・トルゴイの途中まで行けるので便利です

モンゴルでお土産を買うのに効率的な方法

モンゴル滞在中においてお土産を時間があまりない方は、紹介した「ギャレリア・ウランバートル」や「シャングリ・ラ・モール」、「ノミンデパート」などの複合商業施設に立ち寄り、いっぺんに買い物を済ませれば、より効率的にお土産を入手できます。その時間も惜しい方は、空港で帰りにまとめ買いという荒業も選択肢のひとつです。

私は行かなかったので紹介できませんが、ザハ(市場)を見て回ってみてはいかがでしょう。その際はスリにご注意を。

以上、モンゴルのおすすめお土産とショップを紹介しました。
ご参考にしていただけたのであれば幸いです。

【ウランバートルのおもな宿泊予約サイト一覧】
ブッキング・コム【Booking.com】
エクスペディア【Expedia】
トリップドットコム【Trip.com】

【格安海外航空券のおもな予約サイト】
早割はこちら!【エアトリ】
格安航空券のサプライス【Surprice】

【モンゴルの現地発オプショナルツアーのおすすめ予約サイト】
現地発オプショナルツアー予約 ベルトラ【VELTRA】icon

【モンゴルのおもなツアー予約サイト一覧】
【HIS】エイチ・アイ・エス
クラブツーリズム
タイトルとURLをコピーしました