【厳選】下関の名物・山口県で瓦そばを食べるのにおすすめ5店

この記事は約6分で読めます。


山口県のおすすめグルメとしてまっさきに挙がるのが、熱した瓦の上に茶そばと具材がのった変わった風貌の瓦そば
瓦そばの発祥の地である下関の川棚温泉を中心として、山口県内にはおいしい瓦そばが食べられる店が点在しています。
今回は山口県内で瓦そばが食べられる店でおすすめの5店を紹介します。

スポンサーリンク

そもそも瓦そばとは?

「瓦そば」といっても
ピンとこない方がいるかもしれません。
かくいう私もそうでした。
「瓦そば」は上の写真のような外見で
熱した瓦の上に茶そばがのり、
その上に牛肉、錦糸卵、海苔、
もみじおろし、レモンなどが
トッピングされています。

「瓦そば」は1877年(明治10年)の
西南戦争の際に熊本城を囲む
薩軍の兵士たちが野戦の合間に
瓦を用いて野草や肉などを
焼いて食べたという話を参考にして、
山口県下関にある
川棚温泉で旅館を営んでいた
「川棚温泉 元祖瓦そば たかせ」の
創立者・高瀬慎一さんが宿泊者向けに
アレンジして作ったのが始まりだそう。
以来、「川棚温泉の名物料理」として、
下関を中心とした山口県の名物・ご当地グルメ、
ソウルフードとなって現在に至ります。

スポンサーリンク

瓦そばの食べ方

瓦そばをどうやって食べたらいいのか?
私はさっぱりわかりませんでしたが、
親切にも店に食べ方指南のようなものが
ありましたので、抜粋しました。

  1. まずは具と麺をつゆに絡めて食べる
  2. 次にレモンともみじおろしをつゆに投下
  3. 瓦でパリパリに焼かれたそばを食す

お次は山口県内で瓦そばを食べるのに
おすすめの5店を紹介します。

スポンサーリンク

【下関の名物】山口県で瓦そばを食べるのにおすすめ5店

山口県内で瓦そばを食べるのに
おすすめの5店はこちらです。

こちらで紹介した店だけでなく、
下関を中心として、山口県各地に
瓦そばが食べられる店が点在しています。

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が通常と異なる場合があります。ご訪問時は事前に店舗および公式ウェブサイト等で最新情報をご確認ください。

長州屋

長州屋は名物店主が経営している居酒屋で、
名物の瓦そばだけでなく、
「長州どり」を使った料理や
山口県の地酒も楽しめます。

【長州屋 Information】
〈湯田店〉
住所:山口県山口市湯田温泉4-1-7
アクセス:JR山口線「湯田温泉駅」徒歩10分
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休(12月31日~1月1日は休み)
※湯田店ほか、新山口駅のそばにある「新山口店」、岩国の「錦帯橋店」があります。

福の花 新山口店

新幹線の停車駅である新山口駅で、
瓦そばが食べられる店はおもに2店。
先ほど紹介した長州屋(新山口店)と
ここ、福の花 新山口店です。

福の花の瓦そば

「福の花」は厳選された
山口県の食材・地酒を楽しめます。
東京にも5店舗ありますので、
首都圏在住の方で、
気軽に山口県の料理を
召し上がりたい方におすすめです。

【福の花 新山口店 Information】
住所:山口県山口市小郡下郷2808-1
アクセス:JR「新山口駅」徒歩10分
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)、
17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:月曜日、年末年始
山口県内に5店舗、東京都内に5店舗、計10店舗あります。
福の花 公式サイト

藤屋

藤屋は、下関にあるショッピングモール、
カモンワーフ内にあります。
藤屋では下関名物のふぐ料理や
海鮮丼だけではなく、
瓦そばも食べることができます。

【藤屋 Information】
住所:山口県下関市唐戸町6-1 カモンワーフ2F
営業時間:月~金曜日:10:30~15:00、
土・日・祝:10:30~16:00
定休日:年中無休
※クレジットカード利用不可
公式サイト(カモンワーフ)

川棚温泉 元祖瓦そば たかせ

川棚温泉 元祖瓦そば たかせは、その名の通り、
瓦そばの発祥の地で、
下関の川棚温泉にある名店です。
山口県で瓦そばといえば
まっさきに名前が挙がります。

川棚温泉に訪れる機会がありましたら、
元祖の瓦そばをぜひご堪能あれ。

茶そばと錦糸卵が色鮮やかできれい。麺と具材の層がミルフィーユのように美しい

上から見るとインパクトがある瓦そば

「たかせ」のメニュー。うなぎも名物です

創業当時に実際に使われていた瓦が展示されています

【川棚温泉 元祖瓦そば たかせ Information】
〈川棚本館〉
住所:山口県下関市豊浦町大字川棚5437
営業時間:11:00~20:00(最終受付:19:30)
定休日:木・金曜日(祝日の場合は営業)
〈川棚南本館〉
住所:川棚本館と同じ
営業時間:月~金曜日:11:00~15:00(最終受付:14:30)、
土・日:11:00~20:00(最終受付:19:30)
定休日:お電話083-772-2680(代表:受付時間9:00〜17:00)
にて要お問い合わせ
〈川棚東本館〉
住所:川棚本館と同じ
営業時間:木〜日曜日:11:00~20:00(最終受付:19:30)
定休日:月〜水曜日(祝日の場合は営業)
※ほか門司港レトロ店、ゆめシティ 新下関店、ごはん処りゅう庵があります。
たかせ 公式サイト

瓦そば本店 お多福

瓦そば本店 お多福は川棚温泉にある
川棚グランドホテルの敷地内にあり、
「たかせ」と双璧をなす名店です。

22時(ラストオーダーは21時)まで
営業していますので、
店に少しくらい遅く到着しても
間に合うのがうれしいかぎりです。

お多福のメニュー。ひつまぶしや山口の地酒が名物

瓦そば本店 お多福 Information
住所:山口県下関市豊浦町川棚温泉 川棚グランドホテル敷地内
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00)
※平日のティータイム(14:00~17:00)は瓦そばとひつまぶしの限定メニューでの営業
定休日:水曜日
お多福 公式サイト

スポンサーリンク

川棚温泉で宿泊して本場の瓦そばを食べてみましょう!

観光などで山口県に来たのであれば、
瓦そばの発祥の地である川棚温泉に宿泊して
温泉を楽しみながら「たかせ」や「お多福」で
瓦そばを堪能してみてはいかがでしょう。

川棚温泉は俳人・種田山頭火や
フランスの世界的なピアニストである
アルフレッド・コルトーが愛した名湯です。

川棚温泉にあるおすすめ温泉宿・川棚グランドホテル お多福

訪れるお客様が主役であり、
観客であるとした
「劇場旅館(登録商標)」がテーマの
川棚グランドホテル お多福には、
種田山頭火の名を冠した名物露天風呂
「大浴場 山頭火」があります。

下関のとらふぐ料理や
「瓦そば本店 お多福」の瓦そばが絶品。
川棚温泉の宿泊地としておすすめです。

【川棚グランドホテル お多福 Information】公式サイト
住所:山口県下関市豊浦町大字川棚4912-1
TEL:083-774-1111

楽天トラベルで見る
JTBで見る
じゃらんで見る
日本旅行で見る
近畿日本ツーリストで見る

以上、山口県で瓦そばを食べるのにおすすめ5店を紹介しました。
ご参考にしていただけましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました