【世界でもっとも美しい船旅】フッティルーテン


〜世界でもっとも美しい船旅〜
そう形容されているのが、ノルウェー沿岸急行船のフッティルーテン(Hurtigruten)です(地図はページ下部に掲載しています)。
船からはノルウェーのフィヨルドが眼下に広がり、時期や場所によってはオーロラを見られるかもしれません。文を読むより、写真で見た方が魅力が伝わると思います。私が行った数年前の写真を掲載します。百聞は一見に如かずということで。

フッティルーテンの船。この写真で大きさが伝わりますかね…

船内レセプション。ぶれててわかりづらいですが、やっぱり豪華です

豪華な内装。自分がここにいるのが嘘みたいでした(笑)


船内の階段とエレベーター

部屋へつづく廊下。ここはシンプルです

部屋の中。これが1番安い部屋です。充分すぎるほど広くて綺麗な室内

船から臨むトロンヘイム

進行中はこのようなフィヨルドの風景が延々と続きます。景観が美しいので、ずっと見ていても飽きることがありません


甲板ではコンサートが行われていました。透き通る歌声でした

寄港地(どこか忘れた)の風景です。ノルウェーらしい海に映えた美しい街並み


レストラン内の様子。ドレスコードが必要かもですね
でも私はカジュアルな服装で入ってしまいました

ディナーのデザート(コース料理)。このつぶつぶはタピオカかなぁ?

深夜0時頃にうっすらとですが、北の方角にオーロラが出現しました。
物足りないし満足できないレベルですが、これでも感激しました。

朝食ビュッフェの様子。
どれにしようか迷ってしまい、思わず目移りしてしまいました

左下の茶色いチーズはノルウェー名産のヤギのチーズです
キャラメルのような風味で濃厚な味わいです

そして最終寄港地(北→南ルート)のベルゲンに到着する間際の写真
あいにくの雨でした。ノルウェー西岸は雨が多い気候のようです

以上、世界でもっとも美しい船旅・フッティルーテンの紹介でした。
以前から、個人的ですが私はずっとフッティルーテンにいつか必ず乗ってみたいと思っていました。一泊だけですが、ベルゲン〜トロンヘイム間を航行しました。素晴らしい船旅でしたが、一泊じゃ少々もの足りません。
次は最初から最後まで(ベルゲンからキルケネスまで)乗ってみたいけど、さすがにお金も日数もかかるので、夢のまた夢かなぁって、遠い目で眺めています。

ちなみにフッティルーテンのツアーについて予約や検索をしてみたいという方は、日本語の公式サイトがありますので、こちらをご参照くださいませ。

※フッティルーテンの経路の地図です

【世界でもっとも美しい船旅】フッティルーテン” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。