防府天満宮を観光して名物の天神餅を食べよう


山口県の防府市(ほうふ-し)は、防府天満宮や阿弥陀寺、周防国分寺など幕末の志士ゆかりの歴史ある寺院が点在しているため、観光客や地元の方々が参拝に訪れています。
その中でも今回は、街の歴史を感じながら巡る防府市の観光でメインスポットともいえる、学問の神様・菅原道真公を祀った日本最初の天神様で、パワースポットとして人気の防府天満宮について紹介します。

防府天満宮へのアクセス方法

防府市は山口県の中南部に位置しており、
周防灘(瀬戸内海)に面しています。
防府天満宮へのアクセスは次の通りです。

防府駅へのアクセス:
JR山陽本線・新山口駅より約15分
JR山陽本線・岩国駅より約1時間分

防府天満宮へのアクセス:
JR山陽本線・防府駅より徒歩約15分
JR山陽本線・防府駅天神口(北側)2番乗り場より
防長バス・阿弥陀寺行にて防府天満宮で
下車(所要時間約5分)後、徒歩3分

自動車の場合:
高速道路(山陽自動車道)
広島方面:防府東ICから約10分(約4km)
福岡方面:防府西ICから約10分(約4km)
新山口から高速道路を使わない場合は約30分

防府天満宮を観光して名物の天神餅を食べよう

防府天満宮の観光ですが、
徒歩ではなく車でお越しいただいた場合、
収容台数は多くありませんが、
防府の街巡り観光拠点として
「防府市まちの駅 うめてらす」(上の写真)の
駐車場に停めることをおすすめしたいです。

なぜなら防府天満宮には収容台数が多い
天神山公園駐車場がありますが、
防府天満宮の裏手にあるため、
正面の鳥居からくぐって防府天満宮に
行くにはわざわざ天満宮を
通り越していかなければいけません。

「防府市まちの駅 うめてらす」には
おみやげコーナーやカフェがある上、
防府の観光情報もチェックできます。

「防府市まちの駅 うめてらす」そばにある、防府天満宮 石鳥居(山口県指定文化財)

石鳥居をくぐって境内まで続く道。灯篭と石畳が見事。参拝後には右手に見える「天とて屋かふぇ」で足休めしてみてはいかがでしょう

防府天満宮 大専坊跡(山口県指定史跡)

願いを込めて触ると願いや夢が叶うという、“夢叶う牛”

防府天満宮 青銅鳥居。この階段を上っていきます

鮮やかな朱塗りの楼門が見えてきました

近くで見た楼門。精巧な造りが目を見張る。ここをくぐり抜けて社殿で参拝します

社殿(登録有形文化財)

扶桑菅廟最初之碑。日本で最初に菅原道真公を祀ったという石碑。防府天満宮は日本で最初の天満宮として創建されたとされるため

紫雲石。願い事をすると必ず叶うとのいわれがあるそう

何やら巨大な建築物が見えてきました

春風楼という、木造二階建で入母屋造、桟瓦葺の建築物で登録有形文化財です

春風楼の中にある見事な龍の木彫り

春風楼から望む防府市街地

アマビエの御柱。左側の壁には参拝客、おもに子どもが描いたアマビエのイラストが疫病退散を願って貼ったもの(2020年11月現在、アマビエの御柱は色を塗ってもらうそうで今はないらしいけれど、定かではないです)

もちろんお守りや御朱印もあります

じつは山口県はおみくじの生産量が日本一なのです

LOVE神社の碑。家族、恋人、友人そして世界の人々が愛に満ちあふれて幸せであるよう願いを込めて建てらてた碑。菅原道真公は子宝に恵まれ、たいへんな家族思いの方だったそうで、その道真公にあやかって縁結びの願掛けをしましょう

防府天満宮の参拝の所要時間は1時間あれば充分です。
もし時間があれば、青銅鳥居のそばにある
茶室 芳松庵(ほうしょうあん)」で、
風情のある景色を眺めながら
お抹茶・お菓子を嗜んでみてもよいでしょう。
秋にはきれいな紅葉が楽しめます。

防府天満宮 Information
住所:山口県防府市松崎町14-1
TEL:0835-23-7700
開門時間:6:00~20:00
※2020年11月時点ではコロナウイルス感染症防止のため19:00閉門
御祈願受付時間:8:30~16:30
くわしくは公式サイトをご覧ください。

防府名物天神餅「天とて」

防府天満宮の参拝前でも後でもいいのですが、
石鳥居から境内へ向かって行く途中の左手に
防府名物の天神餅がある和菓子屋、
防府名物天神餅「天とて」があります。

天神餅とは蒸したのではなく
焼いた餅生地に餡が入った和菓子のこと。
購入した時はできたて熱々で、
私は手に取った時「アチチチチッ!!」と
思わず口に出してしまうくらい
熱いので、手に取る際はご注意を。

防府名物天神餅「天とて」の天神餅の種類は
白餅(つぶあん)、よもぎ(つぶあん)
紫芋(紫芋あん)、梅あん(期間限定)
夏みかん(期間限定)。
私は9月に訪れたため、夏季限定の夏みかんを購入。

夏みかんの天神餅

餡の色は鮮やかなオレンジ。甘酸っぱい味わいと夏みかんの風味が口の中で広がる

防府名物天神餅「天とて」 Information
住所:山口県防府市松崎町12-14
営業時間:9:30~17:00(なくなり次第終了)
定休日:火・水曜日(祝日の場合は翌木曜日)
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が通常と異なる場合があります。ご訪問時は事前に店舗および公式ウェブサイト等で最新情報をご確認ください。

パワースポットの防府天満宮

かつては長州藩だった山口県。
山口県のどこへ訪れても歴史を感じ、
江戸時代や幕末に思いを馳せてしまいます。
防府天満宮はくどいようですが、
学問の神様・菅原道真公を祀った日本最初の
天神様であり、パワースポットとしても
観光客や参拝客に人気がある天満宮です。

山口市や湯田温泉などを旅行した際、
比較的アクセスがしやすい防府も
観光の選択肢のひとつとして
加えることをおすすめしたいです。

以上、防府天満宮について紹介しました。
ご参考にしていただけましたら幸いです。

防府天満宮を観光して名物の天神餅を食べよう” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。