オークニー諸島の観光【スコットランドの秘境】


イギリス北部のスコットランドよりさらに北の海に浮かぶ、大小70もの島からなる、オークニー諸島。
ケルト文化とはまた異なる文化をもち、古代遺跡と大自然が織りなす神秘の島であります。
今回はスコットランドの秘境、オークニー諸島について紹介します。

オークニー諸島の観光

オークニー諸島には多くの古代遺跡が残っていて、オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地(Heart of Neolithic Orkney)として、世界遺産にも登録されています。
旅行シーズンは4月〜10月。

オークニー諸島のアクセス

オークニー諸島に行くには、飛行機かフェリーが一般的。オークニー諸島の空の玄関口はカークウォール空港。エディンバラ、グラスゴー、インヴァネスなどから便があります。
フェリーはいくつかルートがあります。

  • アバディーン→カークウォール【Northlink Ferries】
  • スクラブスター→ストロムネス【Pentland Ferries】
  • インヴァネス(バス)→ジョン・オグローツ(フェリー発)→バーウィック(フェリー着)→カークウォール(バス)【John O’Groats Ferries】

時刻など詳しい説明は割愛します。

そしてまたは6月〜8月の間だけですが、インヴァネス発の1日ツアーに参加してオークニー諸島に行くことができます。
ジョン・オグローツ・フェリーズ(John O’Groats Ferries)という会社が催行しています。
公式サイト(英語)またはGetYourGuideから予約することができます
もしくは、エディンバラ発のツアー(3泊4日・5月〜9月)で予約することができます。

私はジョン・オグローツ・フェリーズを選択して、オークニー諸島行きの1日ツアーで回りました。
朝が早く、夜遅いので少々体力が要ります。
オークニー諸島の1日ツアーで行ける観光スポットは次の通りです。

1日ツアーはインヴァネスからバスに乗って、グレートブリテン島の北端にあるジョン・オグローツの港まで行き、そこからフェリーに乗ります。

ジョン・オグローツの港

ジョン・オグローツにある軽食スタンド
The Cabin at John O’Groats

出発する前に腹ごしらえのフィッシュ&チップス

オークニー諸島行きのフェリー

フェリーのなかの様子。乗客でいっぱい

フェリーのデッキ。眺めはいいけど風が強い

フェリーの乗船時間はだいたい50分前後でしたが、ツアー中に仲良くなったマレーシア人の男の子がリバースしちゃいました。席に戻ってこないので、トイレに様子を見に行ったら、近くでぐったりしていました。
海外旅行の際、バスやフェリーなどに乗る予定があるならば、酔い止めの薬を持参しましょう。これは鉄則ですね。

それでは順々に紹介していきますね。

カークウォール
Kirkwall


カークウォール湾に面した港町のカークウォールは、オークニー諸島最大の町で、普段は静かですが、観光シーズンにはメインストリートは観光客で賑わっています。
町の中心には、カークウォールのシンボルでイギリス最北端にある大聖堂の聖マグナス大聖堂(St. Magnus Cathedral)があります。

聖マグナス大聖堂

次は不思議な古代遺跡を紹介します。

スカラ・ブレエ(世界遺産)
Skara Brae


スカラ・ブレエは約5000年前の新石器時代の集落遺跡で、1850年の暴風雨で偶然に発見されるまで地中に眠っていました。
そのため保存状態が良好で、約5000年前の当時の人々の暮らしぶりが垣間見える(ような気がします)。

奥に見える建物が、スカラ・ブレエを発見し、発掘を始めたスケイル家の邸宅、スケイル・ハウス

次に紹介するのは謎のストー・サークルです。

リング・オブ・ブロッガー(世界遺産)
Ring of Brodgar


リング・オブ・ブロッガーはオークニー諸島に残る古代遺跡のなかで、もっとも有名なストーン・サークルです。
サークルの直径は104mで、落雷などで折れたり倒れたりしている石もあります。
石柱とその周りに咲き乱れる花々の風景が美しいです。

お次はロマンティックな教会です。

イタリアン・チャペル
Italian Chapel


周囲になにもない草原のなかに、ポツンと一軒家のような佇まいで建てられているイタリアン・チャペルは、戦時下にイタリア人の捕虜のなかにいた腕利きの大工たちによって建てられたカトリック教会。いまでは結婚式場として人気だそうです。

チャペル内の祭壇。神秘的で美しいマリア

オークニー諸島は辺境の地にあるので、行くのはなかなか骨がいりますが、見応え充分の観光地であります。
以上、オークニー諸島について紹介しました。

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が通常と異なる場合があります。ご訪問時は事前に公式ウェブサイト等で最新情報をご確認ください。