Jaffa Cakesは、ばらまきお菓子にもってこい!


以前、イギリスへ旅行することを言った際に、イギリス好きの同僚から、お代は払うからおみやげを買ってきてほしいと頼まれました。
買ってきてほしいと頼まれたものは「Jaffa Cakes(ジャファケーキ)」というお菓子です。
私もイギリスは大好きですが、全く知りませんでした(笑)。
同僚は「めっちゃおいしい」と絶賛しているので、同僚のおみやげの他に、自分用でも買おうかなと思いました。
ちなみに私は日本の某ショップ(◯ルディや◯城石井)でも、ジャファケーキを見たことがありませんでした(探せばあるかもしれませんが)。
今回はイギリスの国民的人気を誇るお菓子である、ジャファケーキについて紹介したいと思います。

Jaffa Cakes ジャファケーキ


Jaffa Cakes(ジャファケーキ)はイギリスでは90年以上愛され続けているお菓子で、1927年にイギリスのMcVitie’s and Priceから販売されました。
しっとりとしたクッキーの生地の上にオレンジゼリーが乗せられ、さらにその上にチョコレートで半面をコーティングしたお菓子です。

Jaffa CakesのJaffaとは、オレンジの種類のことで、ジャッファケーキという名前は、そこからきているそうです。

ジャファケーキはスーパーマーケットなら、たいていの場所で売っているとは思いますが、イギリスのスーパーマーケットであるTescoなら確実に売っていると思います。ちなみに私はTescoで購入しました。
いろんなメーカーが販売していますが、冒頭の写真のMcVitie’sのを買えば無難だと思います。

私は同僚のおみやげとして1箱、自分用として1箱、そして持ち帰った際に箱が潰れた場合の時のために予備として1箱、ジャファケーキを合計3箱ほど購入しました。

朝食がないユースホステルに宿泊していた私は、朝食のパンやおかずなどを買うべくTescoへ行き、その時にJaffa Cakesを買いました。

先に述べた通りジャファケーキ3箱を買い物カゴに入れて、購入した後に袋づめしていたら、地元のおばちゃんに「なんでそんなにJaffa Cakesを買っているの?」と言われ、笑っていました。
同僚が好きなのでおみやげに買ってきてほしいと頼まれたことを伝えたら、またさらに笑っていました。

購入後、私は朝食のデザートとしてジャファケーキを2つずつ食べていました。
なんて形容していいかわからないけど、ボキャブラリーが少なくて恐縮ですが、めっちゃおいしい!

Jaffa Cakesの断面の様子。真ん中にオレンジゼリーが入っています

同僚がおみやげに頼むのも納得しました。イギリスに旅行した際はぜひ、ばらまきお菓子としてJaffa Cakesを買うのはいかがでしょうか。日本でも販売してくれないかなと、切に願っています。

以上、イギリスの国民的お菓子・ジャファケーキについて紹介しました。