【欧州サッカー観戦記】セルティック・グラスゴー[2014年4月]


2014年4月にスコットランドに行った時、セルティック・グラスゴーのファンである私は1回くらいは試合を見てみたいと思い、セルティック・グラスゴーの公式サイトでチケットを購入し、試合観戦をしました。

本当に見てみたいのはセルティック・グラスゴーとグラスゴー・レンジャーズ(Rangers Football Club)とのオールドファーム・ダービーと呼ばれる世界でもっとも有名なダービーの試合です。

このダービーはセルティックがカトリック、レンジャーズがプロテスタントといった、キリスト教の代理戦争みたいな感じで、両チームの熱狂的なサポーターが集結するため試合の展開・雰囲気ともに激しくなります。

しかし、残念ながら日程的に見られたのが、VS インヴァネス・カレドニアン・シッスルFC(Inverness Caledonian Thistle F.C.)という、なんとも地味なカードでした(失礼!)。
しかもリーグ終盤ということもあり、セルティックがすでに独走で優勝していました。そのため消化試合になり、結果からいってしまうと6-0でセルティックが圧勝するという、なんとも大味な試合になってしまいました。
それでも点差ほどの実力差があるような内容ではありませんでしたし、多彩なゴールショーが見られましたし、セルティック・パーク(スタジアムの名前)の雰囲気も楽しめたので、個人的には大満足でした。

セルティック・パークに行くには中心部から路線バスに乗って行きます。
ブキャナン・バスステーションからファースト社の43、61、62番のバスに乗り、パークヘッド(Parkhead)で下車します。わからない方は運転手さんに言っておけば教えてもらえます。
そもそもセルティックのユニフォームを着ているサポーターが乗っていますので、一緒に降りればまず大丈夫でしょう。

これがセルティック・パーク。思ってたよりずっと大きいです

そして到着。馬に乗った警官(?)がいました

これが公式サイトで購入したチケットです。チケットオフィスで受け取りました

スタジアムの中の様子。内装も鉄骨も緑で統一されていました

実は私はセルティック・パークに向かう際に大失態を犯しました。
時間は大丈夫だろうと余裕ぶっこいてバスに乗ったら、中心部で渋滞に巻き込まれてしまい、試合時間に間に合いませんでした。
バス停に到着後、急いで向かいましたが、席に着いた時にはすでに試合が始まっていました。

試合の様子。消化試合だからか、このカードだからか、席がまばら

スタジアムは全体的に穏やかな雰囲気でしたが、サポーターズクラブでしょうか? この一角だけは熱狂的な応援をしていました

タオルをかがげていたり…


それでは写真を撮った選手と試合の様子を掲載します。

ぶれてますが、“スコットランドの魂”である、スコット・ブラウン。闘将です

後ろ姿の10番は、アンソニー・ストークス
プレースタイルは日本の選手で例えるなら、柳沢敦より一段階レベルが上くらいの選手

ノルウェー代表のステファン・ヨハンセン
長谷部誠のように攻守で走り回り、要所要所で試合を締めていました

身長が2メートル1センチのフレイザー・フォースター
出場はなかったけど、World Cup 2014とEURO 2016のイングランド代表メンバーでした

今や世界最高のセンター・バックの一人になったファン・ダイク

前半終了時

ハーフタイム中にヴィジョンに映った、我がアイドルである中村俊輔。ここでの彼の活躍は、本当に誇りに思います

後半開始

PKの様子。キッカーはアンソニー・ストークス。きっちりゴールを決めました

ファン・ダイクが相手選手を倒してインヴァネスがPK獲得。審判に詰め寄るセルティックの選手たち。この時ばかりはスタジアム中にブーイングが鳴り響きました。ひいき目なしに見てもファールには見えなかったので、私もブーイングしました

インヴァネスのPKをフレイザー・フォースターがきっちりセービング。さすが!

スタジアム正面の様子。両チームのベンチが見えます

左から2番目の赤髪の男性が、ニール・レノン監督。選手時代は中村俊輔とチームメイトでした。今シーズン再びセルティックの監督に就任していました。前監督のブレンダン・ロジャース(Brendan Rodgers)は、レスター・シティーFC(Leicester City FC)に引き抜かれてしまいました

選手交代の様子。ピッチに入る選手が勢いよく走り出しています

得点を決めて喜ぶセルティックの選手たち

試合終了後の様子


当時のセルティックのスターティング・メンバーが今となってはありえないくらい豪華なラインナップでした。なので、今思えば貴重な体験だったと思います。
この試合のセルティックのスターティング・メンバーは次の通りです。

スターティング・メンバー
1 フレイザー・フォースター【Fraser Forster】(イングランド代表)
3 エミリオ・イザギレ【Emilio Izaguirre】(ホンジュラス代表)★
21 チャールズ・マルグルー【Charles Mulgrew】(スコットランド代表)
4 エフェ・アンブローズ【Efe Ambrose】(ナイジェリア代表)◯78
2 アダム・マシューズ【Adam Matthews】(ウェールズ代表)
5 フィルジル・ファン・ダイク【Virgil Van Dijk】(オランダ代表)
8 スコット・ブラウン【Scott Brown】(スコットランド代表)★
25 ステファン・ヨハンセン【Stefan Johansen】(ノルウェー代表)
15 クリス・コモンズ【Kris Commons】(スコットランド代表)
10 アンソニー・ストークス【Anthony Stokes】(アイルランド代表)◯34,45,53(P)
28 リー・グリフィス【Leigh Griffiths】(スコットランド代表)★ ◯68

交代選手
23 ミカエル・ルスティグ【Mikael Lustig】(スウェーデン代表)★ ← アダム・マシューズ 69min
20 テーム・プッキ【Teemu Pukki】(フィンランド代表)◯78 ← アンソニー・ストークス 71min
53 リアム・ヘンダーソン【Liam Henderson】(u-21スコットランド代表)← チャールズ・マルグルー 72min

★2019年6月現在もセルティックに在籍中
◯ゴール。数字は分。(P)はPKでの得点

ちなみにインヴァネスFCは2018年6月現在はチャンピオンシップ(2部相当)に所属。一刻も早いプレミアリーグ昇格を心から願っております。
余談ですが、今年の夏にインヴァネスに行く予定です。その時はサッカー観戦はしません(テレビでは放送されていたら見るかも)。
以上、セルティック・グラスゴーのサッカー観戦記でした。できたらまた観戦したいな。。。今度はオールドファーム・ダービーをね。。。