【フランス】ストラスブール・ナンシーのおすすめレストラン


フランスの北東部、ライン川を挟んでドイツとの国境を接するアルザス地方は、ドイツ領だった過去があり、木骨組みと漆喰で構成した家並みがフランスというよりドイツの影響が色濃い。一方、アルザス地方の西に位置するロレーヌ地方は、アールヌーボーの美しい街並みが立ち並ぶ。
それぞれ特色があるが、今回はアルザス・ロレーヌ地方の中心都市・ストラスブールとナンシーのおすすめレストランを紹介します。

ストラスブール・ナンシーのおすすめレストラン

ストラスブール・ナンシーのおすすめレストランは次の通りです。

Le Gruber
ル・グリューベル


ストラスブール大聖堂そばのマロカン通り(Rue du Maroquin)沿いにあるアルザス料理のレストラン。木目調の店内と赤と白のチェックのランプカバーやテーブルクロスが、アルザス独特のかわいさを醸し出している。おすすめはアルザス料理全般だが、そのなかでも魚のシュークルート(Choucroute)が絶品。

ブレた写真で恐縮ですが、店内の様子

これが魚のシュークルートです。クリームがかかっているので、マイルドな味わい

シュークルート(キャベツを塩漬け発酵させたもの[ドイツ名:ザワークラウト])とは、そのキャベツ(シュークルートのこと)に豚肉やウインナー、じゃがいもなどを付け合わせを添えたアルザスの代表的な料理で、それをシュークルートと呼ばれています。
個人的な意見になってしまいますが、はっきりいって魚のシュークルートの方がおいしいです。なぜかというと、キャベツの酸味がクリームで和らいで味がマイルドになり、それが魚との相性が抜群だからです。ちょっと高いけど。

Information
住所:11 Rue du Maroquin, 67000 Strasbourg, France
営業時間:日〜木:11:30〜22:30、金・土:11:30〜23:00
公式サイト

Le Baeckeoffe d’Alsace
ル・ベックオフ・アルザス


ベックオフ(Baeckeoffe)というのは、アルザス料理のひとつ。料理の名前が店の名前になっている。イル川沿いのプティット・フランス(Petite France)に位置する。上の写真の通り、店内が赤と白のチェックで統一されていて、木造ならではの趣ある雰囲気。

ベックオフ(Baeckeoffe)はマリネした肉とじゃがいもを重ね焼きした料理で、ひと言でいうとフランス風の肉じゃが。味は日本の肉じゃがみたいにしょうゆ味なわけがない。マリネした肉と書いた通り、酸っぱい。

これがベックオフです

クグロフの形をしたアイスクリーム

Information
住所:14 Rue des Moulins, 67000 Strasbourg, France
営業時間:月〜金:11:30〜14:00、18:30〜22:00
     土・日:11:30〜22:00
公式サイト

Restaurant Au Gurtlerhoft
レストラン・ガトラーホフ


ガトラーホフは、ストラスブール大聖堂そばのカテドラル広場(Place de la Cathédrale)沿いにある地下のアルザス料理のレストランで、アルザス風の薄いピザであるタルト・フランベ(Tarte Flambée)がおいしいのでおすすめです。

店内の様子。地下なので他のレストランと雰囲気が違う

前菜のフォアグラ(16ユーロ:2020年3月時点)

マッシュルーム(Champignons)のタルト・フランベ

クリームブリュレはフランスのどこで食べてもおいしいです

Information
住所:13 Place de la Cathédrale, 67000 Strasbourg, France
営業時間:11:45~13:45、18:45~21:45
公式サイト

Brasserie Excelsior Nancy
ブラッスリー・エクセルシオール・ナンシー


1911年に開店した老舗のブラッスリー。ナンシー駅そばに位置し、店内は上の写真の通りに豪華絢爛。ナンシー派の芸術家たちが内装を手がけ、アールヌーボーの世界に浸れる。私が最初に入店した時、あまりの華麗なる内装に、来るところを間違えたと思ってしまいました(笑)

日本でおなじみのフランスのビール、クローネンブルグ(Kronenbourg)の黒ビール

キッシュ・ロレーヌ(Quiche Lorraine)

キッシュはアルザス=ロレーヌ地方の郷土料理で、パイやタルトの生地に卵、生クリーム、ひき肉やアスパラガスなどの野菜を加えてオーブンで焼いたもの。このキッシュ・ロレーヌにはベーコンと玉ねぎが入っていました。
日本ではイベントの屋台や、スーパーマーケットやデパート地下の食品売り場などで売られているイメージがあり、個人的にはそんなにおいしいイメージがありませんでしたが、本場のキッシュのおいしさは別格でした。
エクセルシオールでキッシュを食べた時、あまりにもおいしかったので、もう1個注文しようかと思いました(笑)

Information
住所:50 Rue Henri-Poincaré, 54000 Nancy, France
営業時間:火〜土:8:00〜00:30、日・月:8:00〜23:00
公式サイト

以上、アルザス=ロレーヌ地方の中心都市、ストラスブールとナンシーのおすすめレストランを紹介しました。
アルザス地方の料理は文化や建築物と同様にドイツの影響が強く、素朴な味わいが特長です。
アルザス=ロレーヌ地方に訪れたら、ぜひアルザス料理をご堪能くださいませ。
ご参考にしていただけたら幸いです。