【山口・下関グルメ】やっぱり絶品フグ料理がおすすめです


九州の福岡県・門司と関門海峡を挟んだ
反対側に位置する山口県下関市。
下関の代表的なグルメといえば、やっぱりフグですね。
下関の近隣の東シナ海、日本海、瀬戸内海ともに
天然のフグの好漁場であり、
これらを結ぶ交通の要衝の地が
下関であるため、絶品のフグ料理を
味わうことができるのです。
今回は下関のグルメの代表格である
フグ料理について紹介します。

山口・下関のグルメ、やっぱり絶品フグ料理がおすすめです

まずは下関のアクセスを紹介します。
アクセスを省略してグルメを見る方はこちらへ。

車の場合:
中国自動車道・下関ICから
下関駅まで約15分
唐戸まで約11分

鉄道の場合:
JR山陽本線の下関駅が最寄駅で、新幹線は止まりません。
下関駅からいちばん近い新幹線の停車駅は新下関駅です。
新下関駅からはJR山陽本線で10分くらいです。

空港からバスの場合:
山口宇部空港から連絡交通バスで約1時間15分。

山口宇部空港

写真がぶれていて恐縮ですが、空港内にあるこの券売機でバスの乗車券を購入します

下関行きは3番のバス停です

バスは高速道路を走り、ひたすら突き進む。やがて海が見えてきて1時間ほどで下関にさしかかります。

バスの車窓から見た関門橋

終点は下関駅ですが、唐戸市場や市立しものせき水族館「海響館」へ行く場合は、ひとつ手前の唐戸で下車しましょう。
なお、このバスは途中、維新の歴史を感じる風情が豊かな城下町である長府にも停車しますので、長府で降りて散策してみてもよいでしょう。
お次はいよいよ下関グルメのフグ料理を紹介します。

フグ料理を食べるなら唐戸へGO!!


下関のグルメを堪能するならまずは唐戸へ直行しましょう。
唐戸にはフグ料理を食べられる店がたくさんあります。
下関の観光において、人気のベイエリアである
唐戸でフグ料理を堪能しましょう。
ちなみにフグは下関では縁起をかついで
「幸福」の「福」とかけて「ふく」と
呼ぶことが多いそうです。
実際にメニューを見てみると、
ほとんどが「ふく」と書いてありました。

唐戸市場


フグの市場としてはもちろんですが、関門海峡など近海で獲れた魚介類が一堂に会する広大な魚市場です。
さまざまな店が軒を連ねており、おいしい魚介類が堪能できます。

2階の通路から見た市場の様子
上からだとピンとこないかもですが
実際に歩いてみると三密どころじゃないです……

唐戸市場 Information
住所:山口県下関市唐戸町5-50
アクセス:バス停「唐戸」から徒歩約3分
営業時間:月〜土曜日:5:00〜15:00、日・祝日:8:00〜15:00(店舗により異なる)
休業日:不定休
URL:http://www.karatoichiba.com/

市場食堂 よし


私が行った日は祝日だったためか、
13時すぎに訪れた時にはすでに閉まっていたのが
残念でしたが、「市場食堂 よし」では
リーズナブルな価格でボリューム満点の海鮮丼や
トラフグを使ったフグ刺し定食、
ウニ板を1枚まるごとで提供される超絶贅沢な
生ウニ定食を味わうことができます。
あぁ、行きたかったなぁ……。

市場食堂 よし Information
住所:山口県下関市唐戸町5-50 唐戸市場2階
アクセス:バス停「唐戸」から徒歩約3分
営業時間:月~金曜日:6:00~14:00(LO:13:30)
土曜日:6:00~15:00(LO:14:30)
日曜・祝日:8:00~15:00(LO:14:30)
休業日:水曜日(不定休:火曜日)
関連サイト:https://tabelog.com/yamaguchi/A3502/A350201/35000011/

ふくの河久


ふくの河久(かわく)はフグの加工・販売をする
水産会社の直営であるため、リーズナブルな価格で
おいしいフグ料理が食べられます。
名物は「ふぐ刺しぶっかけ丼」。

ふくの河久 Information
住所:山口県下関市唐戸町5-1
アクセス:バス停「唐戸」からすぐ
営業時間:10:00~18:00(LO:17:30)
休業日:不定休(お正月4日間は休み)
URL:http://fukusashi.com/

カモンワーフ


カモンワーフは下関のベイエリアに位置する
シーサイドのショッピングモール。
レストランやお土産屋などが立ち並び
週末ともなれば家族連れやカップルなどで
賑わいを見せます。

カモンワーフ Information
住所:山口県下関市唐戸町6-1
アクセス:バス停「唐戸」からすぐ
営業時間:9:00〜19:00(店舗により異なる)
休業日:無休
URL:https://kamonwharf.com/

ふくの関 カモンワーフ店


さまざまなフグ料理をお手頃な価格で
食べられる「ふくの関」。
休日ともなれば混雑必至で、
1時間以上待つこともざらです。
おすすめは「ふくの関定食」で、
唐揚げやフグの刺身、ふく飯、ふく汁など、
バリエーション豊かなふく料理が楽しめます。
ありきたりな表現ですが、
「ふくの関定食」はさまざまな調理法で
作られており、さまざまなフグの食感を
味わえる絶品定食です。
なお、部位によっては小骨が多いので
召し上がる際はご注意願います。

ふくの関のメニュー

ふくの関定食(2530円)

ふくの関 カモンワーフ店 Information
住所:山口県下関市唐戸町6-1 カモンワーフ1階
アクセス:バス停「唐戸」からすぐ
営業時間:11:00〜16:00、17:00〜21:00(LO:20:00)
休業日:無休

TAKADA COFFEE カモンワーフ店


これから紹介するのはフグじゃないけど、
「TAKADA COFFEE」は1987年創業の
おすすめの自家焙煎コーヒー専門店です。
香りと味わい豊かなコーヒーと、
ゼリーパフェやソフトクリームなどの
スウィーツを味わってみてはいかが?
下関観光において疲れた際の
休憩中にもってこいです。
ちなみに私が訪れた時は暑かったので
上の写真のコーヒーの粉をまぶした
ソフトクリームをいただいちゃいました。

TAKADA COFFEE カモンワーフ店 Information
住所:山口県下関市唐戸町6-1 カモンワーフ1階
アクセス:バス停「唐戸」からすぐ
営業時間:10:00~19:00(4月~10月)、
10:00~18:00(11月~3月)
休業日:無休
URL:https://www.takadacoffee.com/

贅沢なフグ料理を堪能してみては?




“上記画像:一休.comより引用”

これまで紹介してきたのは比較的リーズナブルな店ですが、
せっかく下関に来たのであれば、贅沢な本格フルコースを
ちょっと奮発して旅館で堪能してみてもいいでしょう。

まず名前があがるのは春帆楼本店。明治21年に日本でいちばん最初にフグ料理が公認された春帆楼本店は歴史と由緒ある旅館です。熟練した職人が作り出すフグ料理の極上フルコースを存分に堪能してみてはいかがでしょう。
一休.comで見る
JTBで見る
じゃらんで見る
春帆楼本店・公式サイト

そしてみもすそ川別館。壇ノ浦古戦場からほど近いみもすそ川別館は、関門海峡を挟んで九州から徒歩で約15分ほどで行けるので史跡散策も楽しめる。年間通しておいしくて新鮮なフグ料理を堪能できるだけではなく、伊勢海老やウニ、くじらなど、さまざまな海の幸のコースもラインアップされています。
一休.comで見る
JTBで見る
じゃらんで見る
みもすそ川別館・公式サイト

みもすそ川別館からほど近くにある関門の宿 源平荘はランチ(要予約)ではフグだけではなく、源平寿司や下関名物の瓦そばなど、さまざまな御膳を比較的リーズナブルな値段で味わえるのが魅力です。
JTBで見る
じゃらんで見る
関門の宿 源平荘・公式サイト

少し長くなってしまいましたが、
まだまだ伝えきれていないくらい
フグ料理は奥が深いです。
山口県下関に旅行などで訪れたら
ぜひフグ料理を堪能してみてください。
と、いわれなくても嫌いじゃない限りは
ほとんどの人は絶対に食べるでしょうね。
本場の新鮮なフグの味はもう感動ものですよ。

以上、下関のグルメ・フグ料理について紹介しました。
ご参考にしていただけましたら幸いです。

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が通常と異なる場合があります。ご訪問時は事前に公式ウェブサイト等で最新情報をご確認ください。

【山口・下関グルメ】やっぱり絶品フグ料理がおすすめです” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。