【絶対食べておこう!】ポルトガルのスウィーツ・セリカイア《Sericaia》

ユーラシア大陸最西端に位置するヨーロッパの国であるポルトガル。
日本でポルトガルの有名なスウィーツといえば、Pastel de Nata(パステル・デ・ナタ:エッグタルトのこと)ですが、他にもたくさんの種類の甘い食べ物が存在するスウィーツ天国であります。
今回はその中でも単独で記事にしたいくらいの、おいしいスウィーツを紹介したいと思います。

セリカイア Sericaia

私がポルトガルへ旅行した時の話です。
私はリスボンからポルトへ向かい、ポルトを観光しました。
ポルトに滞在中のある夜に、ポルトの郷土料理であるトリパス(Tripas)で有名なトリペイロ(Restaurante Tripeiro)というレストランで食事をした時でした。
レストラン内を見渡すと、私が座った席の近くに木製の食事を運ぶカートがありました。
その上にはフルーツやらデザートやらが陳列されていました。
私はそれを目にした時、あるケーキのようなデザートを見入ってしまいました。

上の店内の写真を拡大したもの

こんがり焦げ目がついていて、見るからにおいしそうでした。私は店員さんにあのデザートがなんなのか、尋ねてみました。

「あれはセリカイアだよ。おいしいよ」というので(自分の店の物はすべておいしいっていうに決まってるけど)、本当は他のデザートを注文しようかと思っていたけれど、セリカイアを食後のデザートして頼んでみることにしました。

食後にセリカイアを注文したら、なにやらソースをかけてみました。プラムのソースだそうです。
私はそれを見た時、「余計なことするんじゃねえ!」と思ってしまいました。
なぜならヨーロッパのスウィーツはソースをかけない方が、かえっておいしい場合があるからです。
「かけたければ自分でかけるわ」と思っていたけれど仕方がない。私の目の前にそのセリカイアが運ばれました。

こちらがセリカイアです

私はさっそく食べてみました。ひと口食べた瞬間

「うまーーーーーーい!!!!!」

と、心の中で叫びました。めっちゃおいしいです!!!
焦げ目がついた部分の香ばしさが口の中で広がり、プラムのソースは酸っぱくない、むしろ甘いし、プラムの風味がセリカイアによく合いました。
今回はソースをかけて正解だったようです。「余計なことするんじゃねえ!」とか思って、ごめんなさい。
ケーキとプリンをいいとこ取りしたような食感。濃厚な卵の味わいがたまらない。
私はこのセリカイアがたいへん気に入り、他のカフェやレストランでも食べようと思い、セリカイアを探してみましたが、残念ながらトリペイロ以外では見つけることができませんでした。
もしもポルトガルへ旅行した時、セリカイアを見つけたら迷わず食べてみてください。すごくおいしいから、おすすめできます。

以上、ポルトガルのおいしいスウィーツ「セリカイア」について紹介しました♪

【絶対食べておこう!】ポルトガルのスウィーツ・セリカイア《Sericaia》” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。