旅行中に聴くと楽しくなる・旅行した気分になれる曲13選


この記事を書いた2020年8月、絶好の旅行シーズンのまっただ中であるにもかかわらず、コロナ禍の影響で海外旅行に行くことができずに、世界中の旅行好きがこの現状にやきもきしているのは想像に難くありません。
Go to トラベルキャンペーンの推進により、国内旅行が盛り返しつつありますが、コロナウイルスの感染拡大の懸念から、旅行や外出を自粛している方もたくさんいるという、2020年の夏は異例づくしとなっています。
そこで今回は、賛否両論はあるかとは存じますが、旅行中に聴くと楽しくなる・旅行した気分になれる曲13選を紹介します。

旅行中に聴くと楽しくなる・旅行した気分になれる曲13選

JUJU / Dreamer


Dreamerは2013年にリリースされたJUJUの23枚目のシングル曲。2014年発売のアルバム「DOOR」に収録されている。日本テレビ系列『ウーマン・オン・ザ・プラネット』の主題歌。世界で活躍したい日本の女性におすすめしたいです。この曲を聴いて自分を奮い立たせてみてはいかが?

LISA / Traveler


2009年に発売されたm-floのメンバーでボーカルのLISAの曲。三井アウトレットパークのCMソング。m-floらしいノリのいいアップテンポの曲。その名の通り、Travelerという曲は旅行中、特にドライブ中に聴くのがおすすめです。

ぼくのりりっくのぼうよみ / SKY’s the limit


惜しむらくも2019年1月にアーティストとしての活動を終了した、ぼくのりりっくのぼうよみSKY’s the limitは、表現が少し下品ですが、プールサイドやビーチで女の子をはべらかしながら聴いてみたい曲です。さわやかな曲調が耳に心地いい。ちなみに「SKY’s the limit」の意味は、「青天井」「限り(上限が、限界が、不可能は)ない」など。

Queen / I Was Born To Love You


イギリスの伝説的ロックバンド「Queen」の代表曲のひとつ。フジテレビ系列『めざましどようび』のコーナー、「鈴木ちなみのTOP OF THE WORLD」のテーマ曲。

下部に「鈴木ちなみのTOP OF THE WORLD」のDVDを掲載しておきます。これを見て海外旅行に行った気分になってみてはいかがでしょう。鈴木ちなみさんが楽しそうに旅をしている姿が微笑ましいです。そして羨ましくもなります。


Ariana Grande / 7 rings


Ariana Grande(アリアナ・グランデ)の曲、7 ringsを聴いて、「どこかで聴いたことがある」と思った日本人はおそらくたくさんいます。JR東海の「そうだ 京都、行こう。」のCMの曲と同じ曲調です。以前、アリアナ・グランデが手に漢字で「七輪」とタトゥーを入れたことが話題になりましたね。

Avicii / Wake Me Up


2018年に突然の死を遂げたスウェーデンの音楽プロデューサー・DJであるAvicii(アヴィーチー)の代表曲である、Wake Me Upも旅行中に聴きたい曲のひとつとしておすすめしたいです。この曲のYouTube再生回数は19億回を突破という、亡くなった今でも絶大なる人気を誇るアヴィーチー。今も健在であってほしかったものです。

Taylor Swift / We Are Never Ever Getting Back Together


アメリカの代表的なシンガーソングライター、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の「We Are Never Ever Getting Back Together(日本語タイトル:私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない)」は、第54回グラミー賞ではレコード・オブ・ザ・イヤー部門にノミネートされました。テレビ番組『テラスハウス』の主題歌。旅行中に聴く定番の曲かなって、個人的には思っています。

Kungs vs Cookin’ on 3 Burners / This Girl


2016年にリリース。海外旅行中に街歩きをしていて、この曲が流れてきたら「海外に来たんだな」と思わせてくれるようなノリノリの楽曲です。

Katy Perry / California Gurls ft. Snoop Dogg


レディー・ガガとなんかいろいろあったらしい Katy Perry(ケイティ・ペリー)の「カリフォルニア・ガールズ featuring スヌープ・ドッグ」。アメリカ合衆国の総合シングルチャートBillboard Hot 100、全英シングルチャートをはじめ、カナダ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドなど多くの国で1位を獲得したという海外では人気の曲。

Calvin Harris / Summer


イギリス・スコットランド出身の音楽プロデューサー、DJ、シンガーソングライターであるCalvin Harris(カルヴィン・ハリス)の曲、Summer。その名の通り、夏のバカンス中に聴いてみたい曲。Summerの他にDrinking From the Bottle ft. Tinie Tempahも、ノリがよくてかっこいい曲なのでおすすめです。

Baha Men / It’s A Small World


2004年に発売されたアルバム『WOW!〜ディズニーマニア2(Disneymania 2)』の収録曲で、テレビ番組『にじいろジーン』のコーナー、「地球まるごと見聞録」のBGMがこの曲です。

HOLYCHILD feat. Kate Nash / Rotten Teeth


アメリカ合衆国・ロサンゼルス出身のエレクトロポップ・デュオ、HOLYCHILD(ホーリーチャイルド)がイングランドのシンガーソングライターであるKate Nash(ケイト・ナッシュ)とコラボして作られた楽曲、Rotten Teeth。2016年にリリース。PVがけっこう刺激が強め。

Sigala / Easy Love


イギリス出身のDJ・Sigala(シガーラ)は、デビュー・シングルであるEasy Loveによって、その名を世界に轟かせました。この曲のほかにSweet Lovin’ ft. Bryn Christopherもおすすめしたいです。

まとめ 〜旅と音楽の関係は蜜月〜

アイルランドのパブで聞くアイリッシュ・ミュージック。
ヨーロッパの劇場での優雅なオペラやクラシック音楽。
アメリカのニューオーリンズで聴く本場のジャズや、
ニューヨークのハーレムで響き渡るゴスペル。
ジャマイカのレゲエ、ブラジルのサンバやボサノヴァ。
数え上げたらキリがありません。
心地よい音楽を聴きながら旅を楽しむのは、
至福のひと時で最高に贅沢な瞬間ですよね。

とかいって個人的な話ですが、国内旅行ならともかく
海外旅行中は私は携帯電話やプレーヤーなどでは
音楽をいっさい聴きません。理由はおもに2つ。

・外国の街並みの雰囲気や自然の騒めきを耳で感じたい。
・音楽を聴きながら歩いていると、スリに気づけない。

みなさんも旅行中に音楽を聴きながら歩く際は注意してくださいね。

以上、【旅行中に聴くと楽しくなる・旅行した気分になれる曲13選】を紹介しました。
個人的な独断と鬼偏見でセレクトしたので、なんだか偏りがちになってしまいましたね。
旅行という楽しいイベントの際の曲のセレクトのため、エレクトリカルなどのアップテンポなノリノリの曲ばかりになってしまいました。
ゆったりとしたテンポの曲で、旅行中に聴く際におすすめしたい曲があれば次の機会にと存じます。
ご参考にしていただけましたら幸いです。