アラン諸島の観光【アイルランドのケルト文化の諸島】


アイルランドの西の最果てには大自然が織りなす絶景の宝庫がいっぱいのアラン諸島があります。
日本ではマニアックすぎて、あまり知られていませんが、観光客が年々増加している隠れた人気観光地であります。
今回はアラン諸島についてご紹介したいと思います。

アラン諸島【Aran Islands】

アラン諸島はアイルランドの西、大西洋に浮かぶ大中小3つの島からなる諸島で、一番大きな島であるイニシュモア島(Inishmore)が、メインアイランドとなっております。
ちなみにイニシュモア島に着いたら、貸し自転車や馬車で周ることができますが、港に待ち構えているツアーのミニバスに乗り込むのが、効率が良くておすすめです。
イニシュモア島のおもな観光地は次のとおりです。

ドン・エンガス
Dún Aonghasa


イニシュモア島最大の観光名所であるドン・エンガス。
断崖絶壁から望む景色はまさに絶景で、絶壁にぶつかる荒々しい波が迫力あります。
ビジターセンターで入場料を払って、徒歩20〜25分くらいのハイキングです。すると、ドン・エンガスの遺跡が見えてきます。
ドン・エンガスは遺跡をくぐり抜けると見えてきます。柵とかないので、高所恐怖症の人はご注意を。

しばらく歩くので、運動になります

ドン・エンガスの遺跡

ビジターセンター近くのおみやげ屋

もろアイルランドの雰囲気が出ている
このカフェでひと休みするのもいいでしょう

ナ・ショフト・ジャンピル
Na Seacht dTeampaill – The Seven Churches


ナ・ショフト・ジャンピルとはゲール語で、「7つの教会」という意味。現在は廃墟になっている修道院や教会の跡地や墓地があり、遺跡のようです。

Seal Colony Look Out Point


アラン諸島にはアザラシが生息していて、わりと間近に見ることができます。

アザラシが気持ちよさそうに寝そべっています

キルロナン
Kilronan


キルロナンはフェリーの発着場にある村で、観光の玄関口となっています。
ここでミニバスツアーに参加したり、パブやレストランで食事をしたり、アラン諸島の名産物である、アラン・セーターを購入するのもいいでしょう。

アラン・セーターのショップ

キルロナンにある教会
Church of St. Brigid and St. Oliver Plunkett

アラン諸島のアクセス方法は、フェリーか飛行機ですが、フェリーの方が一般的です。
アイルランド西部の町・ゴールウェイから行くとすると、バスでロッサヴィール(Rossaveel)まで行き、フェリーに乗って約40分くらいのところにあります。正直、交通の便がよいとはいえず、公共交通機関で行くのは難しいので、ツアーで行くのが一般的です
ゴールウェイ発のツアーを見る
ダブリン発のツアーを見る

以上、アイルランドの秘境・アラン諸島について紹介しました。

※私が行った当時(2016年7月)のことをもとに書きましたので、多少の差異はご了承くださいね。

アラン諸島の観光【アイルランドのケルト文化の諸島】” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。