【ノルウェー王国最初の首都】美しい町・トロンハイム


北欧ノルウェー第3の町であるトロンハイムトロンヘイムともいう)。
とはいえ、トロンハイムはこじんまりとしたのどかな町ですが、中世ではノルウェー王国で最初の首都でもありました。
オスロやベルゲンに隠れて、日本ではあまり馴染みのないトロンハイムですが、美しい街並みや自然があり、魅力で満ち溢れています。
そんなトロンハイムの見どころの写真を掲載します。

トロンハイム駅

王宮。北欧最大の木造建築だそうです

聖オラヴ・トリィグヴァソン1世像のある広場。町の中心部ですが、けっこうひっそりとしています

レルケンダール・スタディオン(Lerkendal Stadion)
サッカーのノルウェーの強豪クラブ・ローゼンボリBK(Rosenborg Ballklub)のホームスタジアムです。最近はヨーロッパリーグに進出しているのが主流になっていますが、かつてはチャンピオンズリーグにはちょくちょく出場していました


魚市場の様子。お客さんが誰もいなかったので少し寂しい…

ルーテル教会。中心部にあります

ノルウェー最大の中世の建造物で、北欧最大級の大聖堂である、壮麗な佇まいなニーダロス大聖堂
中世の時代では北欧最大の巡礼地でした。これも見にくるためにきたといっても過言ではないくらいでした。内部は原則撮影NGでしたが、当然のごとく荘厳で美しくてすばらしかったです

跳ね橋。トロンハイムの主な観光スポットのひとつ

トロンハイムのフォトジェニックスポット・運河沿いにある倉庫群
カラフルな建物たちは、ベルゲンのブリッゲンを彷彿とさせる
静寂とともに水面に浮かぶように映る、倉庫群の姿が美しい


クリスチャン要塞。ここから眺める景色はすばらしいです

クリスチャン要塞から臨むトロンハイムの街並み。自然がいっぱい!

以上、トロンハイムの見どころをざっくりとですが紹介しました。トロンハイムは徒歩でも1日あれば周れてしまうほど、コンパクトな町です。
トロンハイムに行くにはオスロから飛行機で1時間くらい、電車なら6時間30分〜7時間くらいかかります。
また、トロンハイムは世界でもっとも美しい船旅といわれているフッティルーテン(Hurtigruten)の寄港地でもあります。

フッティルーテンのツアーについて、お知りになりたい方、お調べしたい方は、日本語の公式サイトをご参照ください。
片道6.5〜7.5時間くらいかかってしまいますが、オスロからトロンハイムへ電車に乗って行くなら、vy.noでチケットを購入することができます。
飛行機だと直行で約55分。検索・予約をするならスカイスキャナーもしくはKiwi.comでなら日本語サイトなので便利です。

船旅や電車の旅、フィヨルド巡りの際に立ち寄ってみてはどうでしょう。
日本にいるローゼンボリのサポーターにもおすすめします(?)