アイスランド国内線の予約・利用方法


北欧の島国・アイスランドは人口がわずか35万人ほどの小さな国。面積は103,000km²で、北海道と四国を合わせたくらいの広さ。人口密度はわずか3人/km²。そのためか、アイスランドには鉄道がありません。
都市間の移動手段はおもに車・バスそして飛行機です。今回はアイスランドの国内線について紹介したいと思います。

アイスランド国内線の予約・乗り方

アイスランドの国内線の航空券の予約方法は雑な答えになってしまいますが、エア・アイスランド・コネクトの公式サイトから予約します。
英語ですが、手順は難しくないと思います。

片道(ONE WAY)か往復(ROUND TRIP)のどちらかを選択して、行き先と日付、人数を選んで、検索結果から航空便と席のグレードを選択して、コンテニューボタンをクリックして、オプション(自転車・ペット・車いすなど)の有無をクリックして、再度コンテニューボタンをクリック。

そして座席を選択。その後、名前などのプロフィール欄と、クレジットカードの番号などを記入。

このように順々にやっていけば、アイスランド国内線の航空券を購入できます。
ちなみに私は上記の方法で予約しました。

もし、英語などの外国語に不安があるならば、スカイスキャナーKiwi.comで検索して予約すれば、日本語なので安心で手っ取り早いと思います。

アイスランド国内線はこんな感じ


私はレイキャヴィークからアイスランド第2の都市のアークレイリ(Akureyri)まで行くのに、エア・アイスランド・コネクトを利用しました。
上の写真はレイキャヴィーク空港の外観です。

レイキャヴィーク空港内の様子

私が乗る便が、なぜかは知りませんが、1時間30分も出発が遅れやがって、散々でした。こういうことがあるのが海外旅行あるあるですね。
このくらいは想定していた方がいいですね。

エア・アイスランド・コネクトの飛行機。プロペラが付いてる

レイキャヴィーク西部の上空の様子

レイキャヴィークからアークレイリまで約390km離れています。飛行機で約45分で到着。
そして車だと、環状線の国道1号線(リングロード)を経由して飛ばしても4時間30分から5時間はかかると思います。バスだと6時間30分から、ヘタすれば10時間30分もかかります。
どれを選択するかはその人次第ですが、個人的には飛行機をおすすめしたいです。
景色を見ながら、ゆっくり移動したいのであれば、レンタカーを選択してもよいかと思います。

内陸部の上空の様子。手つかずの大自然。とてもじゃないけど、人なんて住めない

アークレイリ空港に到着

アークレイリ空港から市内までの移動は公共交通機関のバスは空港には止まらないので、タクシーかレンタカーです。
タクシーは空港内にある備え付けの電話からタクシーを呼びます。
英語に自信がない私でも大丈夫でした。
「I’m Japanese. So I can’t speak English.」って言ったら、相手も察してくれました。
タクシーの料金は空港から市内まで、2000円くらいです。

アークレイリ中心部は空港から北に約3.5kmほどです。
徒歩で行くには骨がいりますが、私が帰りの飛行機に乗る際、タクシー代をケチって、スーツケースを引きながらアークレイリの景色を見つつ、海岸線をひたすら歩いて行きました。
45分くらいかかりました。

アークレイリ上空の様子

いつかはアイスランドにも鉄道が通らないかなって、個人的には切に願っています。
せめてケプラヴィーク国際空港からレイキャヴィーク中心部まで通ってくれたら、利便性が爆発的に上がるのにな。
でも、そんなことしたら、都市間の格差が出てしまうでしょう。
だから山手線のように、リングロード沿いを通ってくれたら最高だな。やっぱりさすがに実現は難しいかな。

以上、アイスランドの国内線の予約・乗り方について紹介しました。ご参考にしていただけたら、幸いです。