ザルツブルクで美食とビールを楽しもう♪


中欧にある音楽の国・オーストリアはかつてのハプスブルク家の繁栄や地理的条件などから、多彩な食文化が融合した美食の国でもあります。
今回はサウンド・オブ・ミュージックの舞台にもなったザルツブルクのレストランを紹介しつつ、オーストリアの料理を掲載します。

ヴィーナー・シュニッツェル


シュニッツェルはドイツやオーストリアの代表的な肉料理。ヴィーナー・シュニッツェルとは「ウィーン風子牛のヒレ肉」の意味です。
子牛の肉をミートハンマーで叩いて平たくして、小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶして、バターまたはラードで揚げたオーストリア版とんかつといったところ。見た目ほど脂っこくなく、サクサク食べられます。
ベリーソースが添えられていますが、しっかり味がついているのでレモンをかけるだけでもおいしく食べられます。
レストランはシュテルンブロイ(Sternbräu)がオススメです。ビアレストランなので、おいしいビールもいただけます。

クラシカルな店内の様子

Sternbräu Information
【住所】 Griesgasse 23, 5020 Salzburg Austria
【営業時間】9:00〜22:00(料理は11:30〜21:30)
【URL】https://www.sternbrau.com/

ザルツブルクのビアホール

オーストリアはビールが本当においしい。せっかくオーストリアに来たのなら、ビアホールで飲むのもオススメです。
ザルツブルクにはアウグスティーナー・ブロイ(Augustiner bräu)という、オーストリア最大規模を誇るビアホールがあります。
ザルツブルク旧市街からは少し離れた場所に位置していますので、路線バスを利用するのがよいでしょう。
ちなみにビールのマグが並べられた冒頭の写真はこのビアホールの内部の写真です。

入り口と建物。かなりおおきい

こんな屋外の下で飲むビールは格別です! やっぱり人でいっぱいです。

グリルチキンとともに飲む自家製ビール。最高でした。

Augustiner bräu Information
【住所】Lindhofstraße 7, 5020 Salzburg, Austria
【営業時間】月〜金:15:00〜23:00、土日祝:14:30〜23:00
【休業日】クリスマス・年末年始
【URL】https://www.augustinerbier.at/

ザルツブルクへの行き方

ザルツブルクはオーストリアの西部にあり、ドイツのミュンヘンからは特急列車で約1時間30〜40分、ウィーン中央駅からは約2時間30分ほどかかります。
鉄道チケットは日本語のサイトで検索・予約をするならKiwi.comが便利です。また、ドイツ鉄道(DB)の公式サイトで直接買うこともできます。
もしくはツアーに参加するのもひとつの手で、ミュンヘン発ウィーン発がありますので、 めんどくさくなくて気軽に良い旅ができるのでおすすめです。

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・休業日が記載と異なる場合があります。事前に公式ウェブサイトなどでご確認ください。