【ポルトガル世界遺産】修道院巡りと奇跡の聖地巡礼


近年、ヨーロッパで人気観光地のひとつになっているポルトガル。
面積が日本の4分の1くらい、北海道と四国を足したくらいの小さな国にもかかわらず、15もの世界遺産が存在しています。
首都リスボンから100kmほど北に位置するエストレマドゥーラとリバテージョ(Estremadura & Ribatejo)地方には、世界遺産になっている3つの修道院があります。
アルコバサ修道院、バターリャ修道院、トマールのキリスト修道院です。
今回は3つの修道院のうちの2つ、アルコバサ修道院、バターリャ修道院を巡るリスボン発のツアーに参加したことを紹介したいと思います。

ポンバル公爵広場


ツアーの集合場所はリスボン中心部からリベルダーデ通りを北へ向かったところにある、ポンバル公爵広場の北側に位置する、エドゥアルド7世公園そばのバスターミナルです。
そこにツアー会社のバスが並んでいます。ここから9時に出発します。

バスの中の様子。きれいな内装です

バスを走らせて1時間少々過ぎたころ、最初の目的地に到着しました。

オビドス Óbidos


オビドスは「谷間の真珠」と呼ばれる、絵に描いたような可愛らしい町。
1282年にディニス王が、オビドスにすっかり魅了されてしまった王妃イザベルに町を贈り、1834年までポルトガル王妃の直轄地となった町だそうです。

サクランボの果実酒。ジンジーニャが名物

約50分ほどの滞在の後、次の目的地へと出発し、約1時間後に到着しました。

アルコバサ修道院 Mosteiro de Alcobaça


ポルトガルの世界遺産のひとつである、アルコバサ修道院。
悲恋物語の主人公ペドロ1世とイネス・デ・カストロの棺があることで知られています。

荘厳な内観

イネス・デ・カストロの棺

約25分の滞在の後に次の目的地へ出発しました。
到着した時、午後12時50分くらいでした。それからランチタイムです。

ナザレ Nazaré


ナザレはヨーロッパ中からバカンス客が訪れる港町。
漁師町なので、小さいながらもカラフルな漁船が砂浜に並んでいます。
ここでランチタイム。
私はサルディーニャス・アサーダス(Saldinhas Assadas)を食べました。炭で焼いたイワシの塩焼きのことです。
詳しくはこちらの記事に掲載されています。
ナザレを観光したかったのですが、レストラン探しに手こずってしまい、観光できませんでした(泣)。

ナザレの海岸沿いの様子

ランチタイムが終わったら次の目的地へと出発しました。

バターリャ修道院 Mosteiro da Batalha


世界遺産のバターリャ修道院。
バターリャはポルトガルで戦いという意味で、この修道院の正式名は「勝利の聖母マリア修道院」です。

アルコバサ修道院となんとなく似ていますが、バターリャ修道院の内観です

30分弱くらいの滞在後、最後の目的地へと行きました。最終目的地に到着する前に、お土産屋に立ち寄りました。ここは絶好のトイレタイムとなりました。

ファティマ Fátima


ファティマはキリスト教の聖地として、世界中から巡礼者が訪れてきます。
第1次世界大戦中の1917年に、ここで3人の子供たちの前に聖母マリアが出現するという奇跡が起こったそうです。
かつては荒れ地だったこのあたりは今ではカトリックの聖地となっています。
高さ65メートルの塔を持つバジリカ(Basílica de Nossa Senhora do Rosário de Fátima)が巨大な広場を前にして、そびえ立っています。

バジリカの中の様子

ここで観光は終わり。
ここからリスボンへ戻り、夜に到着してツアーが終わる予定ですが、私はここで離団し、バスに乗ってポルトへ向かいました。

アクセス方法

アルコバサ、オビドス、ナザレ、バターリャ、ファティマと5箇所を周遊しましたが、それぞれをリスボンから行くにはバスや電車に乗って行くことが可能ですが、時間がかかるし、本数が少ないので、はっきり言ってアクセスが悪いです。
ましてやこれらを日帰りで周るのは、正直、不可能に近いです。
なので、私はツアーに参加することを選択しました。
このツアーは超おすすめです。
オビドス、ナザレ、世界遺産バターリャとアルコバサ、聖地ファティマ1日観光ツアー【日本語】
世界の仲間と巡る旅!聖地ファティマ&世界遺産バターリャ、アルコバサ【英語】

なお、私はバスでポルトへ向かうため、スーツケース持参とファティマ離団を希望し、その旨を予約サイトへ伝えました。
OKの返事をいただいたので、長距離バスに乗ってポルトへ行くことができました。
リスボンへ戻るバスに乗る権利を放棄するとみなされますので、ツアーの料金は変わりません。安くなりませんのであしからず。
以上、ポルトガルの世界遺産巡りツアーについてでした。