広島の世界遺産・厳島神社のある宮島へのアクセス方法をご紹介

この記事は約3分で読めます。


広島県で代表的な観光地である宮島。
世界遺産の厳島神社やパワースポットである霊峰・弥山などの観光だけでなく、あなごめしや牡蠣、もみじまんじゅうといった名物グルメも満載です。
観光地としては有名ですが、「宮島ってどこ?」「広島市にあるの?」「どうやっていくの?」「島なの?」「橋でつながってないの?」などと、あまりなじみのない人にしてみたら漠然とした疑問を感じるかもしれません。
そこで今回は宮島のアクセス方法を紹介します。

スポンサーリンク

宮島のアクセスルート

宮島へのアクセスですが、まずは宮島の対岸に位置する宮島口まで行きます。
宮島口は広島市ではなく廿日市市(はつかいちし)に位置しており、広島駅からのアクセスは比較的容易です。

宮島口へのおもなアクセス方法は次の通り。

岩国錦帯橋空港から:
いわくにバスで約12分→JR岩国駅→JR山陽本線で約25分→JR宮島口駅

広島空港から:
リムジンバスで約50分→JR広島駅
JR広島駅→JR山陽本線で約27分→JR宮島口駅
またはJR広島駅→広島電鉄で約1時間10分→広電宮島口駅

車の場合:
廿日市ICから国道2号を走って約6km、約10分。

宮島口桟橋まで行くには、公共交通機関ならJR宮島口駅かもしくは広島電鉄の広電宮島口駅まで行き、そこから桟橋まで歩いていきます。宮島は本州と橋が架かっていませんので、宮島へのアクセスはフェリーのみとなります。

JR宮島口駅

宮島行きのフェリー乗り場

フェリーは宮島松大汽船(公式サイト)とJR西日本宮島フェリー(公式サイト)の2種類あります。
ともに15分間隔で運航しており、料金も比較してみるとほぼほぼ同じですので、どちらがいいかといえば、ぶっちゃけどちらでもいいです。
自分が到着した時にタイミングよく乗れる方であればよいかと。料金と時刻表の詳細は上記の公式サイトにてご確認くださいませ。

ちなみに私は宮島松大汽船の青いフェリーに乗りました

こちらはJR西日本宮島フェリーの赤いフェリー

宮島松大汽船のフェリーの船内はきれいで、前面の窓から見える景色は冒険心を掻き立てます

宮島口桟橋から宮島の玄関口である宮島桟橋までは約10分。つかの間の船旅ですね。

宮島フェリーターミナル。帰りはこちらに戻ってきます

宮島フェリーターミナルの中の様子。こぢんまりとしていながらもお土産屋もあります

なお、宮島に限らず、広島の各観光スポットのアクセスを調べるには「ひろしま観光ナビ」が便利。県外からのアクセス方法も記載されています。

スポンサーリンク

宮島・宮島口に宿泊するのもアリです

宮島は冒頭でもお伝えした通り、魅力的な観光スポットが多く、半日だとどうしても駆け足になってしまうので、1日かけてゆっくり滞在するのをおすすめしたいです。
夕暮れ時の様子や夜に開催される祭事、厳島神社のライトアップが見たい方は宿泊してみるのも選択のひとつです。

【宮島・宮島口のおもな宿泊予約サイト一覧】
Yahoo!トラベル
楽天トラベル
JTB または るるぶ
Booking.com
Expedia
agoda
ホテル料金比較サイト【ホテルズコンバインド】

以上、宮島のアクセス方法を紹介しました。ご参考にしていただけましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました