ザルツブルクはまるで、ワンピースのゴア王国?


ヨーロッパの中央に位置するオーストリアはアルプス山脈もあり、大自然豊かな国でもあり、首都・ウィーンなど、豪華絢爛で美しい街並みを持つ都市が点在している魅力たっぷりの国です。
今回はオーストリアの中央北部に位置するザルツブルク(Salzburg)について紹介したいと存じます。

ザルツブルクの概要(About Salzburg)

ザルツブルクは人口約15万人ほどで、ウィーン、グラーツ、リンツに次いでオーストリア第4の都市です。
ザルツブルクの旧市街が「ザルツブルク市街の歴史地区」として世界遺産に登録されている都市です。
ザルツブルクは映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台としても知られており、世界中の誰もが知っているであろう、あの偉大なる作曲家のモーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)の故郷でもあります。
簡単な概要だけでも、充分に魅力が伝わりますね。

ザルツブルク観光(Sightseeing Salzburg)

ザルツブルクの観光の見どころは主に旧市街に集中しています。ちなみにザルツァッハ川(Salzach River)を挟んで反対側に新市街があります。

ゲトライデガッセ(Getreidegasse)
旧市街でもっとも賑わう通り。マクドナルドの看板が豪華すぎるだろ

モーツァルト像

大聖堂(Dom)

大聖堂前のドーム広場(Domplatz)には馬車が並んでいました

モーツァルトの生家(Mozarts Geburtshaus)
ザルツブルク観光最大のみどころのひとつ

ヘットヴェア・バスタイ(Hettwer Bastei)から望むザルツブルク旧市街

ホーエンザルツブルク要塞(Festung Hohenzalzburg)から望むザルツブルクの街並み

メンヒスベルクのエレベーター(MonchsbergAufzug)の最上階、近代美術館の展望台から望むザルツブルクの街並み

今までのは旧市街の見どころです。今度は新市街の観光名所を紹介します。

ミラベル宮殿(Schloss Mirabell)

モーツァルトの住居(Mozart-Wohnhaus)

以上、他にもまだありますが、ザルツブルクの観光名所を駆け足で紹介しました。

私が感じたザルツブルクの印象なんですが、世界遺産になっている旧市街は高台に位置し、街並みが美しくて優雅で豪華絢爛でした。

一方、新市街は観光の見どころがミラベル宮殿とモーツァルトの住居、そしてヘットヴェア・バスタイくらいで(他にザンクト・セバスティアン墓地があります)、旧市街と比べて地味な印象です。

旧市街から新市街にあるザルツブルク中央駅まで徒歩で約25分ほどかかりますが、私がザルツブルクからミュンヘンへ向かう際、低地にある新市街は、駅の方へ行けば行くほど、雰囲気が暗くなり、移民の数が圧倒的に増えてきます。

ちなみにミラベル宮殿があるミラベル庭園にはシプシーがたむろしていました。しかも旧市街にいた物乞いは、たいていはジプシーでした。

急いでいたので新市街の写真を撮ることができませんでしたが、旧市街と新市街の格差がありすぎて、ザルツブルクの街自体が世界の縮図のように見えました。

「ここはワンピース(ONE PIECE)のゴア王国(のモデル)か!?」と、思ってしまうほどでした。

ザルツブルクのアクセス(Access of Salzburg)

ザルツブルクへの主な行き方は電車です。ウィーン中央駅から特急の電車で約2時間30分で、ドイツのミュンヘンから特急の電車で約1時間40分です。

ザルツブルク中央駅

チケットの購入方法はÖBB(Österreichische Bundesbahnen:オーストリア連邦鉄道)またはDB(Deutsche Bahn:ドイツ鉄道)のサイトで直接購入するか、日本語のサイトで検索・予約をするならKiwi.comが簡単で便利です。

もしくはミュンヘン発ウィーン発のツアーに参加するのも選択肢としては最適です。

以上、ザルツブルクについての紹介でした。