【ちゃんぽん・皿うどん】長崎市内でオススメのレストラン


九州の西部に位置する長崎県。江戸時代では鎖国だった日本でも日本唯一の自由貿易港だった出島があった長崎市。
そのためか和洋中がおり混じった、エキゾチックな雰囲気が訪れる人々を魅了します。
そんな長崎の代表的な名物料理といえば、なんといっても、ちゃんぽんと皿うどんです。
具だくさんのちゃんぽんは、豚肉、イカ、エビ、かまぼこ、もやし、キャベツ、たけのこ、しいたけ、きくらげなどが入るのが一般的です。
皿うどんは麺の上に片栗粉でとろみをつけたあんがかかった一品。かた焼きそばのようです。
今回は長崎市内にある、ちゃんぽんと皿うどんでおすすめのレストランを少しですが紹介します。

四海楼


私は最初、この建物を見た時、びっくりしました。「なんだ、この宮殿みたいなレストランは?」と。
このお城のような佇まいレストランの名前は、四海楼。長崎の郷土料理・ちゃんぽん発祥のレストランだそうです。
そのためか、有名なようで(私はまったく知りませんでしたが)、平日にもかかわらず、時間を少しずらしたにもかかわらず、店内は超混雑していて、私は1時間くらい待つはめになりました。

そうして出てきたちゃんぽんがこちらです

スープの白さは食べるのがもったいないくらい、美しさを感じます。おいしいというのは、もはや説明不要です。
魚介類と野菜をふんだんに使った濃厚クリーミーなちゃんぽんは、栄養もボリュームも満点です。店の混雑ぶりも納得でした。

レストラン:四海楼
住所:長崎県長崎市松が枝町4-5

蘇州林


横浜・神戸と並んで日本三大中華街のひとつである、長崎市の新地中華街にあるレストラン・蘇州林。
ちゃんぽん・皿うどんだけではなく、角煮まんや芝麻球(ゴマ団子)など、自家製の中華点心もおすすめです。
私は蘇州林で皿うどんを注文。麺はパリパリの細麺を選ばずに、あえてちゃんぽんのような太麺を注文しました。
結果、正解でした。めっちゃおいしかったです。

蘇州林の太麺のちゃんぽん

レストラン:蘇州林
住所:長崎県長崎市新地町11-14

江山楼


こちらも蘇州林と同様に新地中華街にある名店。
夜に行ったら、40分くらい待つはめになりました。時間の都合上、私は行くことができませんでした。すごく悔しかったですが仕方がないです。
実際にレストランに入ってないので、説得力がないかもしれませんが、店の混雑具合からして、おすすめできるレストランです。
ああっ、行きたかったなぁ。

レストラン:江山楼
住所:長崎県長崎市新地町12-2

以上、長崎市内にあるちゃんぽん・皿うどんでおすすめのレストランを紹介しました。
他にもたくさんレストランがありますが、ちゃんぽん・皿うどん以外にも魅力的な料理があり、そちらの方も堪能しました。B級グルメも豊富なので、いずれ紹介したいと思います。